インディアン・ヨガライフ〜ケーララの村で暮らす Vol.6

c0010791_2147766.jpg

森の中の家
 
 ジョシーの実家はケーララの南側、バック・ウォータークルーズの拠点であり、旅行者も多く集まるアレッピーという町からさらに20キロほど内陸に入ったノース・ヴェリヤードという小さな村にあった。この辺りはクッタナード地方と呼ばれ無数に入り組んだ川と水路、水田が広がる、バックウォーターの典型的な農村の一つであった。
 チェンナイからインドに入り、夜行バスでアレッピーへ。ジョシーの妹夫婦が迎えに来てくれた。アレッピーの病院で婦長さんをやってるというジョシーの妹さんは、明るくきびきびした雰囲気の女性で、滞在中ずっと世話になりっぱなしだった。彼女の住まいはケーララの伝統的な建築とモダンでナチュラルなスタイルを合わせた、インテリア雑誌に出てきそうな素敵な家だったのだが、それも何とジョシーの設計であるという。何故、ジャンル違いのことがこんなに色々できるのか、本当に不思議な人だ。

 ともあれ、彼らの車で実家のある村まで向かう。キレイに舗装された幹線道路から途中で脇にそれ、そこからは街灯もないでこぼこくねくね道を20分ほど走る。周囲は小さな集落と青々した水田がどこまでも続く、ちょうど夕暮れ時で、水田から立ち上った水蒸気で遠くがふんわりと霞み、オレンジ色の太陽が空を染め上げる。ああ、とうとうケーララにやってきたのだ!と感激した。運河にかかった小さな橋の近くで車を降りる頃には、辺りは真っ暗であった。懐中電灯を手に運河沿いの小道を5分ほど歩くと、鬱蒼としたジャングルの中の一角に彼の家があった。

 
c0010791_21485823.jpg

 「ごめんなさいね、今ご飯を作る人がいないの。食料も少し買っておこうかと思ったんだけど、何を食べるかわからないから...自分たちで好きにアレンジして暮らしてね。」とおもむろに妹さんが言う。まじ?!食事自分たちで作るの?話が違うではないか!
 当初、家にはご飯を作る人や、家周りの世話をする人がいると聞いていたのだ。確かに困ったときに呼んで来てくれる管理人や、周りに親戚が住んでいたりもしたが、基本的には自分たちで何もかもしなければならないことが判明。家は2年前に一人暮らしをしていた彼のお母さんが亡くなってからは、誰も住んでおらず、時折湾岸で働いている弟たちやジョシーが数ヶ月住んで帰ってゆく、そういう状態であったのだ。
 昔は多くの人びとがこの家に出入りし働いていたらしく、呼べば誰かが来てくれて身の回りの世話をしてくれるようだった。しかし、ジョシー先生「今回はそういうのは嫌だ、全部自分たちでやれる!」とのたまう。やられた!と思っても時すでに遅し...まさに怒涛のヨガキャンプの始まりであった。(しかし後半は弟が帰省してきてかなり助かった。)

 
c0010791_2151446.jpg
 家は広く、それほど古びてはいなかったが、湿気の多いケーララで数ヶ月人が住んでいなかったので、かび臭く蜘蛛の巣があちこちに張られている。
 熱帯らしい隙間の多い作りなので、汚れる速度が半端ないのだ。床は埃でざらつき、本を開くと虫が飛び出す、ちょっと戸棚の奥に手を入れると、蜘蛛の巣やらヤモリのフンや虫の死体やらに触ることになる。ああ、早速掃除しなくちゃならないねえ。

 シャワーもお湯シャワーがあると聞いていたのに、水シャワーしかない。冷蔵庫もない、当然洗濯機などもない。水道は井戸水を直接ポンプで汲み上げ、飲み水はフィルターを通したものを使う、数年前はそのフィルターすらなかったとか。買い換えたばかりと思われる真新しいガスコンロがあるのが救いであった。ガスボンベから直接ガスを引いて使う危なっかしいタイプだ。妹さんが使い方を教えてくれる。
 
 「ガスコンロの使い方は覚えた?」妹さんが帰ってからジョシーが聞く。「はい、確か元栓を上にあげてこうやって...」と元々雑な性格ゆえ、少々乱暴にがちゃがちゃ動かすと、またも先生からの罵声が。
 「私はプアー・カントリーで暮らすということはどういうことか、教えているんだよ。物を大切に扱いなさい、ヴァージンとメイク・ラブするように丁寧に。いきなりレイプしちゃだめだ!そうしたら2度と使えなくなる。壊れたら日本のようにすぐに買い換えることは出来ないんだ。」はあ、なんだかすごい喩えだけど、納得しました。しかし、ヨガの修行というよりは丁稚奉公に来た気分なんですけど。
 
 夜、湿気でしっとり湿った布団に横になり、「ああ、ダニに刺されなきゃいいけど」と心もとない気持ちで眠りにつく。
 田舎の夜は果てしなく暗い。明日からの生活、一体どうなることやら。
 
by umiyuri21 | 2013-05-18 21:52 | ヨガ滞在記


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50
2019年のユニークな手帳
at 2018-12-01 21:28
New Year スペシャル..
at 2018-11-20 19:17
静かな部屋で
at 2018-11-13 11:33
ヨガの新クラス&WSのお知らせ
at 2018-10-26 23:06
今日は引っ越し
at 2018-10-09 12:30
墓参り
at 2018-10-02 23:42

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル