人気ブログランキング |

インディアン・ヨガライフ 第2ラウンド〜Vol.12

インディアン・ヨガライフ 第1ラウンドはこちらから
第2ラウンドのVol.1はこちらから

c0010791_0351921.jpg


「嫌な予感」

 気になる足の傷はというと、依然治りそうで治らない。表面は乾いたかざぶたがごつごつと硬くなってきて、傷口の大きさは縮まっているものの、覆ったかさぶたの下で化膿が3箇所から5箇所くらいに増えているような気がする。
 インドに来て2ヶ月半が経とうとしていた。当初はレッスンが再開できて師匠も張り切ったのか、色んなアーサナを普通にこなし、私も見た目ほどは痛みはないのかなあ、などと気楽に考えていた。が、最近はめっきり難しいアーサナはやらなくなっていた。基本のパドマー・アサナ(蓮華座)も傷口が引っ張られるのをかばって、片足しか膝の上に乗せなくなっていた。(そもそも、あの複雑骨折した足でパドマアーサナをやってるのが奇跡らしいのだが。)

 たまりかねて一度約束をすっぽかされた、自然療法のクリニックに、再度アポイントメントを取り付けて足を運んだ。今度はドクターが居てくれたが、インド人的には、この程度の傷は大した事ないと思っているのだろうか?傷に触りもせず、今度は「カルカグラス」という薬草のペーストを塗るといいと言われるのみ。後は痛みがあるのなら「ソルティ・ホット・ウォーター・パック」、塩を入れたお湯に浸した布を患部に巻き付けて、20分ほど置きなさいということであった。今回も薬の処方はなし。
 それにしても、2時間以上もかけてやって来たというのに、もうちょっと丁寧に診て欲しいなあ。ジョシーはジョシーで辛いとか、痛いとか、一言も言わずに「ここの治療のおかげで、私は本当に元気になりましたよ、見てください。」とアーサナを披露する始末。そうじゃないだろ、今は!

 カルカグラスという薬草は、田んぼの畦道などにいくらでも生えている植物らしいのだが、またしても先生は「農薬を使ってる田んぼのそばに生えてる草なんて絶対に使いたくない。」と言うのであった。この人は本当に治る気があるのあろうか?とりあえず「ソルティ・ホット・ウォーター・パック」だけは毎日行うことにした。確かにこれをやると足全体の腫れは少し収まってきた気はするが、しつこい化膿まで治るのかなあ。

c0010791_037385.jpg


 ちょうどその頃、カンニャクマリで働いている修道女の妹に呼ばれて、10日ほどカンニャクマリ周辺を旅行する機会があった。旅行は楽しかったが、またちょっとした行き違いで、ジョシーは妹や親戚と口喧嘩になってしまった。
 しかも、その間マッサージや塩パックが出来ずに、何かと無理をして歩きまわってしまったせいで、再び傷口がぐずぐず湿ってきた。妹も心配して、塗り薬を医者から貰ってきて手渡したが、西洋薬には彼は全く見向きもしない。

 私達が留守にしている間、弟がずっと一人でジョシーの実家に住んでいた訳だが、戻ってみると、酒嫌いの兄が居なくいなって解放されたのか、飲酒の度合いがさらに増していた。家に戻ってきた日、庭に入ると、玄関先にグテングテンになってヘタレ込んでいる弟の姿。そのそばに友人が困った顔で彼の様子を気遣っていたが、ジョシーの姿を認めると、バツの悪そうな顔をしてそそくさと立ち去ってしまった。

 ケーララ州の飲酒率はインドの中でもかなり高い。クリスチャンの男性なら大抵飲むし、酒好きなのはヒンドゥー教徒も同じ。田舎に行くと食堂を探すのはとても苦労するのに、椰子酒を売るトディ・ショップはどんな小さな村にもある。週末の夜になると、酒屋の前には男性たちが列をなして溜まっている。そんな訳でアル中率はインド最悪。
 ちなみにケーララ州はインドの中でも最高のほぼ100%の識字率を誇り、平均寿命も最も高く、殺人率は最も低いのだそうだ。反面自殺率は高く、世界ではじめて普通選挙で共産党政権が発足した州でもある。インドの中でも特殊な州なのであるが、なんとなくひっくるめて全部が繋がっている気がする。

c0010791_0362532.jpg


 ともかく、私達の住むこのノース・ヴェリヤナード村にも小さなトディショップがあって、夕方になると村の男たちは大抵酒臭い匂いをさせてゴキゲンそうに歩いている。ゴキゲンで済む飲酒ならまだいいのだ。さすがに度を越したインド人だけに飲み過ぎた時の羽目の外し方が日本人とは違う。
 実はジョシーの家の向かいにも相当な呑んだくれ親父が住んでいて、週に数回は飲んで大暴れするのだ。大声で家族に罵声を浴びせ、家の物をドカンと叩く音がする。奥さんと喧嘩になって時には手を挙げる気配すらある。私は言葉がわからないからまだましだが、相当口汚い事をわめき続けているらしい。
 
 泥酔から目を覚ました弟も、目が据わって凶暴になり。ジョシーと一触即発で喧嘩になりそうな雰囲気だ。幸いこの日は大事に至る前に、弟がグーグー寝入ってくれたので助かった。しかしこれから先の事を考えると急にザワザワと不安になってきた。
 
 何かと妹弟とぶつかって言い争いになってしまうジョシーと、アル中寸前の弟。去年までは色々気遣ってくれた妹とも連絡が途絶え、医者に行っても軽くあしらわれ、どこを見ても味方が見つからない。
 私は無事にここで暮らせるのだろうか?
by umiyuri21 | 2014-05-21 00:38 | ヨガ滞在記


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

5月のヨガレッスン
at 2019-05-02 20:03
2019新作Tシャツ ナタラ..
at 2019-05-02 19:37
ダンスと瞑想の集い開催いたし..
at 2019-04-25 12:36
サイレンス
at 2019-04-18 13:45
Tシャツイラスト制作のご案内
at 2019-04-08 18:53
父なる恩寵
at 2019-03-28 22:00
色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル