旅とヨガ

c0010791_18164744.jpg

私にとって健康に旅を続けるためには、ヨガは欠かせません。毎朝起きたら、お湯で胃を洗浄してすっきりさせて、瞑想してアーサナをして、爽やかな気分で朝ごはんを食べる。まあこれだっけで1日の仕事の半分が終わったような気分にります。これが続けられていれば、滅多なことでは体を壊さないし、心も安定していられる。

 問題は移動続きの今回のような旅になると、どうしてもその時間を確保するのが難しくなるということ、そうすると歯車が噛み合わなるように、なし崩し的に生活が乱れ、心身もどんよりしてくる。身体がどんよりしてくるとますます、ヨガの時間を確保するのが面倒になってくるという悪循環。体もしばらく動かさないと、アーサナがどんどんできなくんるし、瞑想も同じ。久々に座ると集中力が鈍っているのがすぐわかる。

 けれどヨガを続けるということを常に忘れずに生活してると、そこから離れたり近づいたりという変化はあっても、大きく中心から外れるということがなくなってきます。
 朝ヨガをすると決めれば、夜更かしはしないし、暴飲暴食も避ける。できるだけ静かでエナジーの良い場所で過ごしたいと思う。
一旦身体が面倒くさいモードになったら、小さいところから身体を動かして、エネルギーと通していきます。瞑想も時間を短縮して、再び徐々に伸ばしていく。そしてやっと元の感じに戻ってきたなあと思ったら、また忙しくなったりしてサボりがちになるという繰り返し。

 でも、ちょっと無理してバランスを崩しても、また元に戻せると思うと、余裕が生まれる。人生思い通りにいかないこともあるし、ヨガができないこともある、いつも静かな場所が確保で出来る訳でもない。そこにいちいちキリキリしないで、鷹揚にかまえ、できる時にできることやっていく、そういう人生に対する向き合い方も、またヨガや瞑想を通じて学んだ気がします。

これは旅という不安定な生活の中では本当に大切なこと。むしろ、この不安定さの中でヨガに寄り添いながら、バランスを保って波乗りしていくこと、それそのものがヨガとも言えるし、そうしたら、旅に関わらず、生きることそのもののが、ヨガになっていく。マットの上のヨガとはその準備と言えるかもしれません。

デリーのような喧騒と不条理の真っ只中にいると、なんだかそれが身にしみて来るのです。

今夜はダラムサラへ出発!
by umiyuri21 | 2017-08-13 18:16 | ヨガ


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19
出会いの恩寵 その1
at 2019-02-06 19:17
神宮前ヨガクラス リニューア..
at 2019-01-23 19:03
何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50
2019年のユニークな手帳
at 2018-12-01 21:28
New Year スペシャル..
at 2018-11-20 19:17

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル