ラマナアシュラム


c0010791_02523903.jpg

今日はラマナアシュラムへ。さすがに連日のジョシーのお世話で疲れ気味だったので、今日はお留守番をお願いして一人で出かけた。


ラマナアシュラムは世界中で最も好きな場所のひとつかもしれない。ここに座っていると本当に落ち着く。ぶれていた心がすとんと真ん中に収まって、心が静かになる。


シーズン中は巡礼者でかなりざわついているが、この季節は静かでいい感じ。私がこの場所が好きな理由の一つは、特別な講義もメソッドもなく、ただ静かに座るだけの為に365日全ての人に開かれていること。もちろんアシュラムには色んな人が来るけれど、ラマナを慕い、静けさの中で座るという空気が、深くしっかり保たれている。だからこのエナジーの中にいるだけで本当に気持ちがいい。


私にとって時に瞑想は、恋人に会いに行くような高揚感がある。お気に入りの場所で瞑想する時は特に。それは私という恋人、内なる私とひとつになる時間だ。私が私の中にゆっくり分け入り、そしてひとつになっていく、その時ブリスが起こる。もしも私が私自身を世界最高の恋人にできたら、私はもう何も自分の外には求めないだろう。けれど実際は、私たちはいつも、自分以外のものの為に自分を差し出し、自分以外の何かになろうとする。


瞑想はそれをゆっくりと、自分の中心の軸へと戻して行く時間だ。幸福とは、私が私自身にイエスということに他ならない。今の自分、自分が体験していることに全面的にオープンで、完全に受け入れ、味わい尽くしている状態。幸せは外側の何かが持ってくるのではなくて、心が完全に開く時に起こる。


座っていると心が深いところまで沈んでいき、こびりついた澱が剥がれてゆっくり溶けて行くのを感じる。最近忙しかったから、知らない間に随分と色んな事を溜め込んでいたらしい。心が静けさを取り戻すと、世界は輝きを増す。


遠くから聞こえる、猿や孔雀の鳴き声、扇風機の回る音。フランキンセンスの香り、マントラの詠唱、人びとのささやき、自分の中心を通って行く呼吸の感触。薄眼を開けると人々が暗闇の中で思い思いに座っている。ひれ伏す人、恍惚としている人、祈る人。ラマナが生きていた頃から、こうやってずっと人々は座り続け、同じ風景が繰り返されてきたのだ。


このアシュラムの中に、自分が身を置いている時、受け取るメッセージはいつも同じだ。


あなたはどこへも行く必要がない、ただここにいて、静かに座っていなさい。


ただ静かにあり続けることに、心からイエスと言える。

ここは世界でも稀な場所だと思う。





by umiyuri21 | 2017-10-09 02:54 | ヨガ滞在記


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19
出会いの恩寵 その1
at 2019-02-06 19:17
神宮前ヨガクラス リニューア..
at 2019-01-23 19:03
何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル