神の時間

c0010791_00353818.jpg


ティルバンナーマライからタクシーで一気にケーララに戻りました。行きは列車に乗ったけど、帰りはジョシーも疲れてるだろうからドアtoドアで帰れるタクシーが良いだろうと奮発してみたが、狭い車内で身動き取れない移動は、それはそれで大変で

色々不測の事態もあったけど、なんとか無事に帰って来られて一安心。


そして今日、戻ってくるなりジョシーが教会に行きたいと言い出した。この近所にジョシーの母方の教会があり、そこへ行きたいと言う。


ランチの後にオートを呼んで出かけようとしたが、今日に限って近所のドライバーが皆出払っていない。しばらく待ったがオートはつかまらず、それでも彼がどうしても行きたいと譲らないので、タクシーを呼ぶことにした。車で10分の距離だが、ドライバーは遠くからくるので往復400ルピーとのこと。高いなー…

まあ、それも仕方がない。彼が行きたいと言うのには何か理由があるんだろう。


ようやく車が来た時には夕方になっていて、雲行きもかなり怪しい。雨が降るに違いない。教会はこじんまりしているが、見晴らしの良い場所にあり、ジャングルが見渡せ、良い気が流れている。ティルバンナーマライはシヴァの強いエナジーが充満しているが、原始キリスト教が伝播しているこの辺りは、ジャングルの中に沢山の教会が点在し、柔らかでミスティカルなキリストのエナジーに満ちている。


車の乗り降りも大変なジョシーを引っ張り上げ、教会の階段をゆっくり登り、ようやく礼拝堂に足を踏み入れる。中は暗く、誰もいない。ろうそくがほのかに灯されているだけだ。その静けさの中に暖かな広がりを感じ、しばらく留まりたいと思った矢先に、彼は言う。

「さあ、もう帰ろう。」

え、ここに5分もいないんですけど

「終わりといったら終わり。もう済んだ。」

「神様と何か話しましたか?」

「話したんじゃない、神様に会ったから十分です。」


いいけど…400ルピーも車代払うんですけど

って言っちゃいけないのは分かってますが…

時間とお金はカウントするな、と言うのが口癖のジョシーらしいやりかただけどさ。


そして再びゆっくり彼を車に乗せ、戻って来た瞬間にパラリと空から雨粒が落ちて来て、激しい雨が降り始めた。


部屋に戻って彼が言う。

「神様っていうのは、いつも一緒にいるものだから、教会に行く必要はないの。」

「じゃあ、どうして今日は行ったの?」

「神様を感じるか感じないか分かりたくて行った。」

「で、どうでしたか」

「うーんやっぱり教会っていうのはちょっとビジネスだよねえ。笑」

はあ、そうですか


そこで思い出したのは、ティルバンナーマライでシヴァ大寺院に行った時、ジョシーが入り口でチャッパルを頑として脱ごうとせず、すったもんだした挙句、結局中に入れなかったこと。もともとチャッパルの着脱が大変なのと、色々落ちてる地面で裸足になると歩きにくいのと、チャッパルを預けるためにお金を払う(たった5ルピー)のが気に障ったのと、周りから強制されたのと、表向きの理由はまあ、そんなところ。


それでがっくりして無駄足を踏んだ気分で戻って来たのだけど

ようするにジョシーが表現しようとしていることは同じなんだろう。


神さまは寺院や教会だけにいるのではない。

神の時間は時間やお金とは無関係だ。


毎度のことだが、単にボケているのか深いのか、よく分からない、スレスレのジョシーのクレイジーさ


でも彼が生きている時間は、私のそれとは明らかに違うことだけは間違いないな。



by umiyuri21 | 2017-10-13 00:36 | ヨガ滞在記


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19
出会いの恩寵 その1
at 2019-02-06 19:17
神宮前ヨガクラス リニューア..
at 2019-01-23 19:03
何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル