デリーの友だち

c0010791_03424719.png


基本的にインドの田舎に住んでいる私は、普段はあまり話し相手がいない。

気がつくと宿のスタッフと一日わずかに話すだけの日々が数週間とか普通。昔ケーララの村に住んでいた頃は、まともな話し相手は先生だけで、約半年とか。

あれー私って意外と孤独な環境でも平気なんだな、ということを再発見した。

でも別に人と話すのが嫌いなわけでもなく、友達と会う機会があればそれを心待ちにしている。


私にとってデリーは人と会う場所。ここに来ると出会いが沢山あって急に社交的になる。久しぶりに色んな人と会って、心ゆくまでおしゃべりして、美味しいもの食べて、出かけて。慌ただしく日々が過ぎていく。今のインド暮らしの静と動のメリハリは結構自分にとっていい塩梅かも。


ということで、今日もお出かけ。デリーのことなら何でもお任せ!のBlue Lotus さんの主催するお料理教室にお邪魔しました。今日メニューはバターチキンという名でおなじみのムルグ・マッカニーと里芋のカレー。ムルグ・マッカニーはBlue Lotusさんが嫁ぎ先のお母様からしっかり伝授された、代々家に伝わる秘伝のレシピ。私はチキンの代わりにパニールで作ってもらいました。

コクがあるけど、胃にもたれない、家庭のバターチキン(私のはパニールバターマサラね)ってこんな味なのか。と新たな発見。里芋カレーも最後に振りかけたシナモンとヨーグルトが効いて大人の味。


ここのおうちは、ガラムマサラの調合も代々伝わるオリジナル配合で、バターもクリームもヨーグルトも全部自家製なんだそうです。昔はオールドデリーから牛乳を大量に買ってきて、バターやクリームをまとめて手順良く作っていったのだとか。

南インドの家庭料理はかなり食べてるけど、北インドの家庭料理、特にこういう由緒正しい感じのは、実はあんまり食べたことがない!南インドではあまり使わないクリームやバターが大切な味の決め手になるんだな。カレーと言っても作り方は地方によって様々なんだなーと改めて実感。


北インドでカレーをお昼にしっかり食べると、もう夜は食事いらないって感じになるけど、今日のごはんは胃に気持ち良く収まって、夕方にお腹がグーとなり始めた。数年前にヒンディー語の先生を介して知り合った方が、近所に住んでいると判明して、急遽お洒落なイタリアンに夕ご飯を食べに行く。


みんなインドが好きで、好きなことを生かして働きながらインドで生活したいという思いは共通。人と会えばだいたいそんな話になるのも、デリーならではだなと。ざらっと灰色に霞んだ空や、物価が高いとか、決して住みやすい場所ではないけど、人が行き来して何かが起こっているという空気感がここにはある。だから色々文句を言いつつ、嫌いにはなれない街なんだよね。







by umiyuri21 | 2017-11-28 03:30 | 旅行


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19
出会いの恩寵 その1
at 2019-02-06 19:17
神宮前ヨガクラス リニューア..
at 2019-01-23 19:03
何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル