Slowly Slowly

c0010791_16111648.jpeg


マルマ療法3日目、ここの治療院はデトックス系のパンチャカルマはやってなくて、もっぱらマッサージ系メイン。アビヤンガ、キリ、ピリチル、シロダーラあたりが、主なメニュー。でも、セラピストの質がいい。施術中は余計なおしゃべりしないし、圧もしっかりかけてくれて、かなりゴシゴシやられます。聞くところによると、女性のセラピストもカラリパヤットも学んでいるから、みんな力があるんだとか。ベテランのセラピストは確かに武術を嗜んでる感じの凛とした迫力がある。


内側からデトックスするんじゃなくて、マルマというツボを刺激しながら、オイルを浸透させ、身体の深部まで緩めていくことで、神経を休ませて、治癒力を高めていく感じ。私は特にキリというハーブボールの温熱療法が気に入ってて、暖かいハーブボールで身体中パンパン叩かれると、眠っていた身体の隅々にエナジーが通るようで、スッキリ元気になる。


以前別のアーユルヴェーダ医院でパンチャカルマを受けた時は、効果がぶつかり合うので、治療期間中はヨガの浄化法は休んでと言われたけど、ここのグルッカルは全然OKと言うので、ヨガの浄化法も同時に行っている。


ジョシーには目の調子が悪いなら、トラータカ、ジャラーネーティー、クンジャラをやりなさいアドヴァイスされ、デイシーにはアーサナは激しいのは避けて、プラーナヤーマとシャバアーサナを増やしなさい、ただしカパラバティのような、気がアップするようなのは逆効果、アヌローマ・ヴィローマ、シーラターリなどの鎮静作用があるものを、と言われた。


確かに、ここんとこ調子に乗っていつも通りアーサナを行うと、後で気持ち悪くなって、しまったと思う時があった。だから本当に刺激少なめのアーサナだけをさらっと行って、浄化法やプラーナヤーマの時間をしっかりと取っている。元気な時は何をがしがしやっても平気だけど、調子が悪い時こそ、各アーサナ、プラーナヤーマ、浄化法がそれぞれ身体に繊細に作用しているのに気がつく。ヨガの智慧は改めて深い。ちなみに今回は、ジャラーネーティーがすこぶる気持ちよく感じられる。


視力が戻って来たわけではないが、腫れぼったい感じは抜けてきた。本もすこしづつ長く読めるようになって来た。

昨日ipadの画面を見たら、随分暗く感じた。何でこんなに暗いんだろうと思ったら。ずっと眩しく感じていたので、明るさを最小限にしていたのだった。それでも、ひどい時はさらにサングラスをして、メールを打っていた。その頃は蛍光灯も付けられなくて、暗闇で過ごしていたのだ。と言うことは多少は良くなったということか。まあ、こうしてブログをアップする気力が出て来たんだもんね。

でもまだ、本を読みすぎると頭痛がするし、インドの喧騒に一人で出ていく気力はない。


早く次の目的地に向かいたいけど、今はともかくスローリィ、スローリィ








by umiyuri21 | 2018-02-19 16:12 | ヨガ滞在記


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35
出会いの恩寵 その2
at 2019-02-07 17:19
出会いの恩寵 その1
at 2019-02-06 19:17
神宮前ヨガクラス リニューア..
at 2019-01-23 19:03
何があっても大丈夫
at 2018-12-31 17:20
冬至の日に、一年を振り返る
at 2018-12-22 21:48
瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル