偉大なるプラクティス


帰国して、もうすぐ2週間になります。

日本の地に着地して、少しづつ生活を整えている最中。


一年3ヶ月日本の暮らしを放っておいたツケを確実に払っていて、パスワードの密林の中で迷子になったり、格安SIMカードのチョイスの多さにめまいがし、今日はずっと契約してた携帯番号を解約しに行ったら、不条理な解約手数料に泣けて来た。来年の10月にならないと無料で解約できないって何なんでしょうー、しかも実家の父のためにと、当時何も損はありませんからと勧められた、子供用の子機みたいな携帯を契約しっぱなしにしてたのだが、解約すると両方に手数料がかかるとか、合わせて約二万円。うわーこの入りような時期になんと無駄な出費!


いやーインドのリチャージ制が懐かしいわ。

久々の日本の暮らしは、気のせいかより複雑さを増したよう。そうそう、肝心の目の治療だって人気の医者は36ヶ月待ちというではないか!


でも、こんな時こそ自分にも他人にも辛抱強さが必要なんだな。


昨日たまたまyou tube で、去年ダラムサラでお目にかかった、イギリス人のチベット仏教の尼僧、テンジン・パルモさんの講和を聴いていた。それは西洋人の仏教徒に向けた、仏教のプラクティスをどう日常に生かすかというテーマのもの。それは仏教という枠組みを超えたユニヴァーサルな智慧に満ちた、素晴らしいお話だった。彼女の講話は非常に聞き取りやすい英語で、話も明快で歯切れよく、すすっと心に入ってくる。

最初の部分をちょっと紹介してみると


私たちが通常スピリチュアルなプラクティスだと認識しているのは、瞑想したり、経典を学んだり、講義を聞いたりすることと考えがち。そしてそこから外に出ると家族や仕事、煩雑な社会生活などの、サンサーラ・アクティビティが待っている、と。でもそれは大きな誤解だ。


ブッダが説いた六波羅蜜の中で、瞑想は六つの中のたったひとつでしかない、特に最初の三つは、一人で修行するのではなく、他者との関わりの中で培われていくもの。ちなみ六波羅蜜とは以下に六つ。仏教用語だと抹香臭い感じがしちゃうけど、逆に英語の方が分かりやすい。


1布施(ふせ)……generosity 親切

2持戒(じかい).ethics 道徳

3忍辱(にんにく)……patience 忍耐

4精進(しょうじん)effort 努力

5禅定(ぜんじょう)……meditation 瞑想

6智慧(ちえ)……wisdom 智慧


三つ目の 忍耐は特にスピリチュアルな成長には欠かせない。ブッダは忍耐こそが最も偉大なタパシヤ(苦行)だと述べている。忍耐とは例え快適でない環境にいたとしても、心の平静さを失わないこと。あなたの周りの人々は常にあなたを試している。もし、世界の全ての人々が自分に対して優しくラブリーであったら、そういう人たちを愛するのは簡単だし、その中であなたは何も学ばない。


けれどあなたに対して不機嫌な人を愛することこそ、チャレンジになる。彼らこそが、あなたのボタンを押す、スピリチュアル・フレンドだ。なぜなら、あなたはその事を通してものすごく成長することができるから。


同じ環境でも人によってハッピーにもアンハッピーにもなりうる。それは全て私たちの「心」がなせる技。だからこそ、日常生活を通して私たちは心を変容させられるのだ。


もし、あなたが一日に数時間瞑想していても、それ以外の時間、心がいつもざわめき、絶えず無駄な事を喋り、過去を後悔し、未来を憂いていたなら永遠に変容することはできない。そして人との関わりはあなたを変容させ、純化させる事ができる。

ハートを開きなさい。頭だけの理解ではなく、学んだことをハートに下ろすのです。ハートが開かなければ真の変容はないし、その知識があなたの中で輝くこともない。だからこそ、私たちには家族、子供、パートナー、日々の生活が必要なのです。それがプラクティスの場なのです。


そして次にはアウェアネスの大切さに続くのですが、長くなるのでまた今度。本当にクリアで深い内容の講話なので全部紹介したいくらい。1時間半ありますが、下に貼り付けたので興味のある方は是非!


ええと、だから何が言いたかったというと。今日携帯の解約金のことで、かなりイラっとして、お姉さんに怒りたくなったのですが

その時に、ふと テンジン・パルモさんに「Patience!」と言われたようで、「おおおっと」と我に返って一呼吸。

「そうだよね、別にこのお姉さんは雇われてるだけで自分の仕事してるだけだもんね。私だけでなく、きっと文句を言う人沢山いるだろうなー。仕方ない、お金はもう払うしかない訳だし、無駄な出費とはたまにあるのだよ。」

一旦荒げた声を身体に収めて、にっこり笑って「ありがとう」と店を出る。


そして帰り道。今度は道に迷ってしまいました。(今眼が悪いのですぐ方向を見失うのです。)「げ、反対方向きちゃったよ。」とため息つきながら見上げると、それは美しい椿の花。


私にとって、この新しい生活に馴染むのは大きなプラクティスになりそうです。






[PR]
by umiyuri21 | 2018-04-03 20:43 | ヨガ


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

ケーララの洪水 (続)
at 2018-08-19 23:44
ウォーターランド
at 2018-08-17 23:15
8月ヨガレッスンのお知らせ
at 2018-07-31 13:54
内なる王座
at 2018-07-26 18:05
熱い想い
at 2018-07-20 21:31
7月のヨガレッスン
at 2018-07-01 22:06
クリアな世界!
at 2018-06-29 11:53
サンタクロースのようなおじさ..
at 2018-06-10 21:49
サンタクロースのようなおじさ..
at 2018-06-06 18:24
6月のヨガレッスン
at 2018-06-02 00:01

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル