昔のボリを掘り始めたら・・・

c0010791_224127100.jpg  ここのところ夜になると、インドで買ってきたDVDを見ている。
「HIT LIST 2005」という2005年のヒット作を集めたDVDを見たら、これが最悪なほどひどい代物ばっかり集まっており、怒りがこみ上げてくるほどだった。まあ、大抵この手のDVDは80%は駄作だが、2,3曲くらいははまともなのが入ってる、でも、これは皆無。
 サラームもしょっちゅ書いてるが、インドものは駄作の山の中に宝石を見つけるって感じなのよね〜。ふうう〜・・・。
 先日グレゴリ青山さんの本を読んでいたら、60~70年代に一世を風靡したボリウッド女優、ヘレンのダンスの素晴らしさを褒め称えていた。そういえば、2,3年前に彼女のダンスシーンばかり集めたVCDを買ったきり見ていなかったことを思い出し、サラームが留守の晩、一人で見てみることに。
 それが、やっぱりかなり良かったんだ。どうして今まで見なかったんだろう・・ゴミみたいなB級ボリウッド見てる場合じゃなかった。


c0010791_22415085.jpg ボリウッドの歌シーンといのは大抵お決まりのパターンがある。一番盛り上がるのは結婚式のシーン、それから愛し合う2人が出会うシーン、想いが成就する場面ではうれしさのあまりスイスやピラミッドへ飛んでしまう。片思いの妄想シーンというのも多い、心を寄せる相手としょっちゅう雪山やヨーロッパへワープする。妄想ならどこへ行くのも自由だもんね。それからパーティーや、酒場、キャバレー、最近ならクラブで踊るシーン。ムサイ男ばかり出てくるギャング映画などは、このクラブシーンで踊る美女が唯一華やかさを演出する場面だ。
 ボリウッドでは、パーティーシーンや妄想シーンなどで本筋とは全く関係ない女優さんが、唐突に登場して踊ることがたまにある。本筋の女優さんがイマイチ踊りの華やかさに欠けるとか、男くさいアクション映画の時によくある展開である。観客の目を楽しませるサービス・シーンみたいなものなんだろうか。
 とにかく美と華やかさを演出するのが目的なので、そういうシーンに登場する女優さんは、特別に美しく、踊りが上手い人でなければならない。アイシュワーリヤ・ラーイとかシュシミタ・セーンとか、最近はモデル顔のビパシャ・バスーとか。
 ヘレンはこういうキャバレー・シーンに登場して踊る女優さんとして、一世を風靡した人らしい。(私も昔のボリウッドのことはよく分からないが・・今後研究予定。)私の持っているVCDの中に収録されているヘレンのダンスシーンは100%キャバレーシーン。濃い顔をした男達が華やかな饗宴の裏側で陰謀を巡らしていたりする。輪っか頭のアラブの富豪が、ブハーっと葉巻をくゆらせていたり、立派なヒゲのガイがピストルを隠し持っていたりするわけだ。こういうベタな陰謀シーンが楽しい。
 ヘレンは周りの思惑など知らぬそぶりで、当時としては相当露出度の高い衣装で誘惑的に踊る。当時はラテン音楽がグローバル音楽だった時代で、音楽もラテン風味のボリウッドで味がある。バックバンドのおっさんもボンゴを叩いている。
。ヘレンの衣装はベリーダンサー、ラテンガール、ジプシー風もありで、超キュート。何よりダンスも上手いんだ。これって即興で踊ってるのかしら?ちょっとベリーっぽくもあるし、サルサ風な動きもあるし、腰の動きが今のボリウッドスタイルと違って細かくクイクイしてる。どういうスタイルんだろうこれ。でも、動きに切れがあるし、表情も豊か。何より超アッパーなダンス。酒場の女っぽいハスッっぱな所もカワイイの。所狭しとくるくる踊り回って、飛び跳ねて、見てるだけで元気になる。さぞかし当時の人々はうっとりしたことだろう・・。

 
c0010791_22421726.jpg 最近のボリウッドはR&B化が激しく、女優の顔もほお骨がぐっと出ているような、メス猫系のモデル顔。それで超ミニスカートに胸の谷間は露わにして、ボールを掴んで腰をがくがく振ったりして、ビッチなスタイルで決めまくる。まあ、世界的流行だからいいんだけど、やっぱ極度なビッチ系はあんまり楽しくない。どいつもこいつも似たような事やるな〜!と悪態をつきたくなる。
アイシュワーリヤ・ライ、ラニー・ムケルジー、プリティ・ジンタと今のボリウッドの頂点に立つ女優さんは愛くるしさがあって、昔ながらの「女優さん」らしさを残しているけれど、若手の女優さんは本当にみんなすらっとしたモデル顔でスタイルはめちゃくちゃいいが、なんか味の薄い顔をしてるんだよね。
 外国人の勝手な意見だが、それならボリウッド見てる意味ないもんね。インドらしいエキゾチックな可愛らしさをどこかで期待してしまう。それでも完成度が高ければ問題ないが、先に挙げた「HITLIST 2005」みたいなB級作品でやられると、最悪、いい加減にしてくれと思う。
 だから、ヘレンの、当時は刺激的でセクシーに見えただろう踊りも、今見ると全然奥ゆかしいし、チャーミングで、妙に新鮮に見えてしまう。音楽もほのぼのしててカワイイ。昔からのボリウッドファンは、昔の作品の方が良かったというけれど、なんとなく分かるかも・・・・。という気分にとうとう至ってしまったのである。
 
  昔のボリウッドに手を出す、これは前々から避けていたことであった。だって、あまりにもキリがない世界だから・・。膨大すぎる世界だ・・。足を踏み入れすぎるとボリウッドオタクになってしまいそうで、怖い・・。私はお気楽に楽しみたいだけでオタクになるつもりはないのだ。それに今より昔の方が良かったなんて、年をとったみたいで、それだけは言いたくないと思う。

まあ、膨大すぎて簡単にオタクになんてなれない世界だろうから、心配する必要ないか。
では、今晩は手始めにボリウッド史上最高の名作と言われている、「SHOLAY」から見始めてみま〜す。
[PR]
by umiyuri21 | 2006-01-31 22:47 | 映画


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

New Year スペシャル..
at 2018-11-20 19:17
静かな部屋で
at 2018-11-13 11:33
ヨガの新クラス&WSのお知らせ
at 2018-10-26 23:06
今日は引っ越し
at 2018-10-09 12:30
墓参り
at 2018-10-02 23:42
10月のヨガレッスン
at 2018-09-30 23:33
踊るダキニ
at 2018-09-04 20:19
9月のヨガレッスン
at 2018-08-30 19:27
ケーララの洪水 (続)
at 2018-08-19 23:44
ウォーターランド
at 2018-08-17 23:15

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル