Gothic Bellydance?

 c0010791_2313817.jpg気がついたら、ブログを随分更新していなかった。今とても分量の多い仕事をしていて、毎日それにかかりっきり、これだけ大量の数を一度に描くのは初めてで、精神的にも本当に期日に出来上がるのか、いつもどきどきしてる。でもやっと、ピークを上り切って、下り道。もうすぐだ、頑張れ〜!!
 その合間にも、好きな音楽関係のイラストをいくつか描いた。これは、ベリーベリーダンス3。チラシもステッカーもついでにチラシにちょこっと、コラムも書きました。今回はサラーム選曲でテーマは、トライバル&ジプシーってことで、全2作とは違った雰囲気で描いてみた。結構気に入っている。最近自分的にぴしっとクリアーな感覚によりも、うねうねした手描き感覚とゴス系が気になっていて、なんだかそういう雰囲気になった。
 
 c0010791_2324182.jpg さて、そんな折、アマゾンを検索していたら「GOTHIC BELLYDANCE」なるDVDを見つけた。そういうジャンルがあるとは、小耳にはさんではいたが、DVD出てるとは!ジャケットは、見てのお通り、スージー・スーとマークアーモンドかって感じのお姉様2人・・・気になったので買ってみた。で、昨日届いたDVDを見た。・・・・超B級!!!これはひどいよ。
 「GOTHIC BELLYDANCE」って要するに、トライバルのエスニックでオーガニックな部分を抜いて、より悪魔的退廃的にした感じの衣装で、ジルの代わりにナイフ持ったり、とげとげのアクセサリーを付けたり、まあゴスなんですわ。でも、結局レイチェルやファットチャンスのゴス風味って感じの踊りで、それはまだましな方で、もっとヒドいのは、場末のキャバレーで踊ってそうな安いおばさんが、SM部屋で下手な踊りを披露する場面があったり、ミニスカートに網タイツの太めの姉さん(ゴスロリ衣装ね)が現れたり、デルフォイの巫女風のダンサーだったり、中性の教会が出て来たり、とにかくステレオタイプなゴスのオンパレード。(ここまでベタだとかえって日本で受けそうで私はこわい。)何やってもエッジが立ってて、踊りが美しければ許せるが、踊りもいまいちだし・・・。
 まあ、説明文には生命の未知なる暗黒を表現する、と書かれてあるし、副題も「The Darker Side of Fusion」(笑)だからはじめから「美」を表現するつもりなんてないのかもしれない。「きれい」なんて言われたくないのかもしれない。人間の不快な部分、アグリーな部分を表現したいのかもしれない。でもそれを見事に表現するのは「美」を表現することより、実はよっぽど難しいのかも。
 
c0010791_233196.jpgそこで、先日古本屋で見つけた本1冊。フランス在住のモロッコ人作家、タハール・ベン・ジェルーンの「あやまちの夜」という作品。モロッコ関係の本はけっこうチェックしているつもりだったのに、この作家のことは全然知らなかった。この本は2000年に出版されていて、それ以外にも翻訳本が数冊出ている。フランスではゴンクール賞も取ってる有名作家らしい
。久々に読み応えのある小説だった。
この本はなんと言ったらいいだろう・・。まさにモロッコ風ゴス、人間の心の暗黒面、悪のエネルギーについて書かれた物語なんだ。とはいえ、はっきりとした筋書きはなく、混沌してとらえどころのない物語がいくつも連なっていて、現実と幻想が錯綜し、読んでいると、黄泉の国に引きずり込まれそう。かなりえエグイ描写が多いのに、不快感はなく、幻惑的な気分だけが残る、不思議な本だ。
 一応主人公はジーナという女性。彼女はその呪われた出自ゆえに、生まれつき悪のエネルギーを身にまとって生まれて来た。生まれつき神と近いところにいる聖者がマージナルな能力を身につけているように、ジーナも異界を行き来する能力を持っている。物語を読み進めてゆくうちに、彼女は半分は人間、半分はジン(精霊)として生きはじめ、やがてはシンボルとなって、人々の心に住み着き、物語として語り継がれるようになる。
 インド映画やアラビアンナイトのような東洋の物語に慣れてくると、物語とは結末にたどり着くまでの合理的で筋の通った一本の道ではなく、物語自体が生命をもった大きな流れ、という違った見方が出来るようになる。私たちの思考がつねに寄り道をしながら考えているように、物語もいつも筋道が通っている訳ではく、枝葉に分かれ、現実と空想が同時に語られる。
そんな多次元空間のような物語は、あっと驚く結末のカタルシスはないが、長い音楽を聞くように、陶酔感があり、想像力を羽ばたかせてくれるんだ。
 まあ、とにかくゴスをやるなら、ここまで奥行きのある世界を作って欲しいよ。
  
はい、私も精進します。
[PR]
by umiyuri21 | 2006-05-19 02:34 | アート


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

踊るダキニ
at 2018-09-04 20:19
9月のヨガレッスン
at 2018-08-30 19:27
ケーララの洪水 (続)
at 2018-08-19 23:44
ウォーターランド
at 2018-08-17 23:15
8月ヨガレッスンのお知らせ
at 2018-07-31 13:54
内なる王座
at 2018-07-26 18:05
熱い想い
at 2018-07-20 21:31
7月のヨガレッスン
at 2018-07-01 22:06
クリアな世界!
at 2018-06-29 11:53
サンタクロースのようなおじさ..
at 2018-06-10 21:49

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル