瞑想からサレンダーへ

c0010791_00302205.jpeg


静かに座りながら

自分の中の素直で開け放たれた場所を感じていく

とてもピュアで、柔らかい その眼差しの中へ


思い出す風景はいつも同じだ

生まれてから6歳まで住んでいた川の近くの家

家の裏は、何もない野原が広がってて

すぐそばには川が流れていた

湿原の端っこにあったその家の周りは

吹きっさらしで、視界はどこまでも開けていた


空と川と野原

その真ん中で

ただ目を見開いていた、その眼差し



やがて、とても繊細なエネルギーが降り注いできた

流れるままにしておくと

いつのまにか泣いていた


何も持たない、空っぽの私に降り注がれる

愛に、感謝が満ちていく


そう、誰でも 、どんな極悪人だろうと

その存在の底はみんな同じなんだ

同じ光と素直さに満ちている

なのに私たちはみんな、色んな理由で

自分を傷つけ、欺き続けている


余計な鎧を背負い込んで

特別な何かになったような気がしている

本来の美しさを忘れて

いつのまにか、自分が傷ついていたことも忘れる

だから、本当は憎むべき人など、誰もいないのかもしれない


ひとしきり泣き終えると、しんとした静けさに包まれた

とても硬質なずっしりとした静けさ

思考は切れ切れの雲のようにしか、流れてこない

それもすぐに、空に溶けていく

とても深いところが、洗い流され、剥がれ落ちる


私が意図できることは、もはや何もないのだ

本当に何もない

全ては、「それ」の導くままに


何度も何度も、繰り返し

忘れては忘れては、思い出す

私が、彼方からの愛を完全に信頼し

それとひとつになるまでは


[PR]
# by umiyuri21 | 2018-12-13 00:33 | ヨガ

一番小さい百合

c0010791_09480675.jpeg
ヨガの先生ジョシーと出会ってすぐの頃、
多分顔を合わせて2回目くらいの時だろうか、
彼は唐突に私に言った。

「あなた名前は何て言うの?」
「百合子です。」
「どう言う意味?」
「百合の子供って意味ですよ。」
「それは小さい百合ってことだね。」
「はい。」

「あなたの中で小さい百合と大きい百合が喧嘩してるよ。
私は小さい百合じゃないって、大きな百合が言ってる。」
「はあ…」
それは、とても図星のような気がしたので、私はどきりとした。

「あなたの親は、あなたを守るために小さい百合って名前にしたんだね。
初めから大きな百合だったら、何かと大変だから。
でも、大きい百合になりなさい。
大きい百合になったら、周りは言うかもしれない あの人は昔はあんな風じゃなかったのに、随分変わっちゃったね、って。
でも今、大きい百合になる時が来たんだよ。」
「どうやったら、大きい百合になれるんですか?」
ニヤリと笑って彼は言った。
「しっかりとした軸、そして呼吸、食事、睡眠。」

意外とシンプルな事だったので拍子抜けして、
なんだ、結局ヨガを習えということか、と思ったが
その言葉には抗えない強度があった。

それから彼のヨガ教室に通いはじめた。
確かにそれで、色々な事が怒涛のごとく変化していった。

そして私は折々に、自分に問いかけていた
私は大きな百合になっただろうか?
もっと大きく、もっと大きくなれるだろうか?
いつになったら、小さな百合は大きな百合になれるだろうか




でも、最近私はやっと気がついたのだ
最も大きい百合は 、最も小さな百合だった ということ

その時、風船が割れるように、
大きく膨らんでいた何かが、パチンと弾けた

私は大きな百合になろうとする、必要はなかった
ただの、百合であれば良かった
ただそこに咲いている、とても小さな 小さな 百合
その 小さな百合のままで あり続ければ

それが、一番大きな、ステキな百合だったってこと



それだけ



なあんだ
たった、それだけの事だったんだ!


ずっと握りしめてた荷物を下ろしたら
心も体も軽くなって、自然と笑いがこぼれてくる


随分遠回りしちゃったけど
ジョシーは初めから知ってたのかな?

あの時も、今も、ずっとそこにあった、
小さな 小さな百合

今はそこに くつろいで
そして、これからも
どんどん ささやかに

小さなもので あり続けたいと思う

[PR]
# by umiyuri21 | 2018-12-03 09:50 | ヨガ

2019年のユニークな手帳

c0010791_21211721.jpeg


来年の手帳のイラストを2冊描きました!

右はガラムガラム特製2019年のスケジュールブック。

左は「パンチャンガ」というインド式の暦です。この「パンチャンガ」カレンダーは日毎の相を5つの指標によって示し、どのような事に適した日かが記載されています。そして月の27宿、ナクシャトラに従って、自分とその日の相性もチェックする事が出来ます。


インド占星術家の吉野まゆさんとHARUさんによって制作された 日本初の「パンチャンガ」です!! レア・アイテムです!

日々の行動の指針に、ちょっとしたイベントや、何かを決める時などに使えますよー!(冒頭に使い方が記載されています。)


ちょうどサイズも一緒ですので、この二つ組み合わせて使っていただければ、いつもとは違ったユニークな手帳ライフが送れるかもしれません!


ガラムガラム特製スケジュールブック、こちらで購入できます。

https://garam2.com/shopdetail/000000003244/ZA/page1/recommend/



そして「パンチャンガ」はこちらで!

http://jyotish.cafe.coocan.jp/panchangam.html



[PR]
# by umiyuri21 | 2018-12-01 21:28 | 仕事

New Year スペシャル・プレゼント♫

c0010791_19150527.jpg


2018年12月と2019年1月の間、私のヨガレッスンに参加してくださった方、全員に

ガラムガラム特製、若山ゆりこイラストの2019年手帳をプレゼントいたします!!!

原宿、横浜どちらのクラスでもOKです。

この機会にぜひ、ヨガレッスンにいらしてくださいね~


レッスン詳細はこちら



【シンプル・ヨガ&メディテーション】

11月5日(月)より新しい曜日でスタートしています。

時間:19:00-20:30

場所:Ruhani Bellydance Arts

東京都渋谷区神宮前3-36-17(明治神宮前駅、原宿駅から徒歩8分ほど)

www.bellydancearts.jp

ドロップイン:2,000円


アーサナ中心のクラスですが、今の所あまり人数が多くないので、その時来てくださったメンバーで内容を変えながら、有機的にクラスを進めていこうと思っております。事前にこういうことを学びたいなど、リクエストにもお答えしております。ほぼセミ・プライベートみたいな感じでやっていますので、自分で言うのも何ですが、お得感あると思います^ ^

予約なしのドロップインも可能ですが、事前にご一報いただけると、レッスン内容も組みやすいので、ご面倒でなければよろしくお願いいたします。


【優しい瞑想とヨガ哲学】

11月3日よりスタート、毎週土曜日 10:00~11:15

場所:神奈川県横浜市中区日ノ出町2丁目114-2F

(日ノ出町駅より徒歩3分)http://rasalila.jp

料金:下記をご参照ください。ドロップインも可能です。

http://rasalila.jp/schedule/


座学と瞑想のクラスです。パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」を軸にヨーガの「こころ」の側面から読み解いていきます。難しくなりがちな哲学用語を、自分の体験やインド人の世界観などを交えて、分かりやすく説明していこうと思っています。単なる知識に留まらない、日々の生活に役立つ心のヨガクラスです。

こっちもかなり内容濃いと思いますよ~ 3回で3,000円というお得なお試し券があります。アーサナのクラスも出席できますので、興味のある方は是非ご利用ください。


c0010791_19170403.jpg



[PR]
# by umiyuri21 | 2018-11-20 19:17 | ヨガ

静かな部屋で

c0010791_11301169.jpg


ここんとこ、あまりブログを更新できませんでした。

何と言うわけでもないのですが、引っ越しもあって、環境も変わり
新しいヨガクラスも始まり、時間があっという間。

今は、横浜市の磯子区に住んでいます。
周りは住宅地で、ほんとに何もない。おしゃれなカフェどころか
ドトールすらない!気の利いたレストランもパン屋もありません。
しかも住んでいるマンションは駅からバス&徒歩6分。

でも何故か気に入っています。
何と言っても、部屋から海が見える!工場地帯ですけどね。
でも、部屋から青い水平線が見えるのは気持ちいいし、インダストリアルで殺風景な海の風景も趣があっていいです。もくもく煙を出してる工場の煙突が、ミナレットのようもに見えて、曇った日中はトルコ歌謡がよく合いますよ。

バス停を降りて、坂を登ると視界の開けた高台に出て、海の風が吹いてくる。こういう感じもたまらなくいい。
この部屋を見つけた時、家賃の安さと窓から見える眺めに一目ボレしたんだけど、果たしてこんな不便な場所に住めるんだろうかと、それだけが気がかりでした。まあ、確かに都内に出るのは、かなり遠いです。交通費も倍額になってしまった。

でも、夜に電気を消して、夜景を見ながらお茶を飲むという贅沢な楽しみが増えました。
ここにいると、静かけさがじわーっと身にしみてくる。こういう静けさがずっと欲しかったんだなって思います。旅に出る前も友達と部屋をシェアしていたし、旅の間はやっぱりなにかと慌ただしいし、帰国してからもシェアハウス暮らしでしたから。本当の一人暮らしってすごーく久しぶり。

静かに一人で座っていると、それだけで暖かな気持ちになれる。
暖かで微かな、穏やかさの凪の中にいる感じ。
ずっとずっと動き回っていたから、今は静かでいる事の美しさを、じっくり
深く味わっています。

辺鄙な場所と言っても、横浜中華街とかは近いんで、その辺散策したい時は是非
お誘い下さい!

そして今月からヨガのクラスもひとつ増えています。
現在神宮前と横浜日ノ出町でクラスを行なっています。
お気軽にぜひ、いらして下さいね!



毎週月曜日19:00-20:30 【シンプル・ヨガ&メディテーション】
★アーサナ中心のオールレベルのクラスです。瞑想も長めに行います。


場所:神宮前Ruhani Bellydance Arts
http://www.bellydancearts.jp
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-36-17 (明治神宮前駅、原宿駅から徒歩8分ほど)
代金:ドロップイン 2,000円



毎週土曜日 10:00-11:15 【優しい瞑想とヨガ哲学】
★座学と瞑想のクラスです。パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」を軸に
ヨーガにおける「心」の取り扱いについて学びます。


場所:横浜日ノ出町 ラサリラ
http://rasalila.jp/
〒231-0066 横浜市中区日ノ出町2丁目114-2 2階 (京急本線 線日ノ出町駅徒歩3分、JR桜木町駅 徒歩10分)
代金:ドロップイン 2,000円
他、詳しくはサイトをご参照下さい。マンスリーパスはかなりお得!


[PR]
# by umiyuri21 | 2018-11-13 11:33 | ヨガ

ヨガの新クラス&WSのお知らせ

c0010791_23034143.jpg

11月は色々あります!

来月のヨガレッスン新クラスとレギュラークラスの時間変更、そしてWSのお知らせです。


その1:来月11月より、横浜日ノ出町のヨガスタジオ「ラサリラ」にて新しいクラスがはじまります!

■「優しい瞑想とヨガ哲学」です。アーサナは少なめ、哲学と瞑想のクラスです。パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」を軸にヨーガの「こころ」の側面から読み解いていきます。

11月3日よりスタート、毎週土曜日 10:00~11:15

場所:ヨガスタジオ「ラサリラ」

神奈川県横浜市中区日ノ出町2丁目114-2F

(日ノ出町駅より徒歩3分)http://rasalila.jp

料金:下記をご参照ください。マンスリーパスはかなりお得です!

http://rasalila.jp/schedule/


「やさしい瞑想とヨガ哲学」

 私たちはみんな、幸せを願って生きています。この世界に幸せを願わない生き物はいません。では、幸せとは何でしょうか?どうやったら私たちは幸せになれるのでしょうか?もし幸せを感じられないとしたら、何がそれを阻んでいるのでしょう?

インドの哲学者、そして賢人たちは、何千年も前からそのシンプルな問いかけを続けてきました。そしてヨーガは、そうした問いかけを体と心の両方からアプローチしてきました。

 このクラスでは、パタンジャリの「ヨーガ・スートラ」を軸としながら「こころ」の側面からヨーガについて学んでいきます。そして「こころ」と向き合い、整えていくために、瞑想も同時に実践します。

 哲学も瞑想も難しいものではありません。このストレスに満ちた社会の中で、どうやったら自由に幸せに生きていけるか、使える智慧が満載です!

 クラスではテキストとして「インテグラル・ヨーガ~パタンジャリのヨーガ・スートラ/ スワミ・サッチダーナンダ著 伊藤久子訳 めるくまーる刊」を使用します。ご用意できる方はご持参ください。




その2:Ruhani Bellydance Arts 5周年記念イベント週間にて久しぶりに「ヨガと瞑想のサークル」を行います。

■ダキニやカーリーなど、ダークな女神の存在に焦点を当てて、彼女たちが体現する智慧についてシェアし、そのエネルギーを感じてみましょう。今回はお話&ワーク&シェアという構成にしてみます。お気軽にいらしてくださいね。

Yoga & Meditation Circle ~ 女神の瞑想会

11月11日(日)13:00~15:30

場所:Ruhani Bellydance Arts

東京都渋谷区神宮前3-36-17 (明治神宮前駅、原宿駅から徒歩8分ほど)

www.bellydancearts.jp.

料金:3,500円

予約は必要ありませんが、質問などはお気軽に若山ゆりこまでお問い合わせください。

https://www.facebook.com/umiyuri


 だんだんと日が短く、夜が長くなるこの季節。心を静め内側を見つめるには最適な時間です。夏と冬、昼と夜、光と暗闇、それらはどちらかがポジティブで、どちらかがネガティブなものというのではなく、どちらも互いを必要とし、分かたれることのないひとつのものの表現です。

 暗闇は光という智慧を内包しています。暗闇があるから、私たちは自分が光であることに気がつくのです。太陽の光は強烈でちっぽけな光はかき消されてしまいます。太陽のもと私たちは大きな光に頼りますが、暗闇の中では頼りにできるのは自分の光だけです。その時こそ内なる智慧が育まれていきます。

 私たちが成長していくとき、暗闇は欠かせません。 

 美しい女神たちは、一方で恐ろしい形相の禍々しい女神の顔を持っています。むしろ物事がダイナミックな変化を遂げる時、窮地に立ち向かう時、助けてくれるのは激しい魔性の女神たちです。死の智慧に深く精通する彼女たちは、同時に生の智慧も知っています。何かが生まれ変わる時、古いものは死ななければなりません。私たちが古いものを手放せず、その場に立ちすくんでしまう時、容赦なく女神はその執着を断ち切りにきます。それは時には私たちを木っ端微塵にするかもしれませんが、女神の慈愛に満ちた一撃なのです。

 そして彼女は言うでしょう、心配しなくていいよ、私たちは本当は生も死も超えた存在なのだから、と。私たちのエゴの仮面が粉々にされた時に残るのは、決して砕かれることのない、本来のダイヤモンドの輝きなのです。



その3:レギュラーヨガクラスの曜日が毎週月曜日の19:00-20:30に変更になります。

曜日固定で覚えやすくなりました。お勤め帰りに是非、ヨガの時間を共にいたしましょう。

【シンプル・ヨガ&メディテーション】

11月5日(月)より新しい曜日でスタートします。

時間:19:00-20:30

場所:Ruhani Bellydance Arts

東京都渋谷区神宮前3-36-17(明治神宮前駅、原宿駅から徒歩8分ほど)

www.bellydancearts.jp

ドロップイン:2,000円

予約は必要ありません、どなたでもお気軽にどうぞ♬



[PR]
# by umiyuri21 | 2018-10-26 23:06 | ヨガ

今日は引っ越し

c0010791_12303658.jpeg

今日は引っ越し。

だいたい片付け終わって、引っ越し屋さんを待っている。


今まで住んでた家を立ち去るときは、何はともあれちょっとしんみりする。

荷物を片付けながら、昔のノートやら思い出の品々が出てきたりするし。


この数年、ひたすら身軽になろうと荷物を捨て続けてきた。インドにいる間は一畳のトランクルーム荷物を入れて、入らない分は捨てたり置いてきたりしてしまった。だから今年の春にシェアハウスに越した時は、大きな家具は机と椅子だけで、家電製品も何もなかった。シェアハウスには基本的な生活用品が揃っていたので、何も買わず生活する事ができた。


しかし、今回は普通に部屋を借りるので、そういう訳にはいかない。

細々したものが何かと必要で、色々買い集めていると、どんどん荷物が膨らんでく。一畳のトランクルームに押し込んでいた荷物も、こうしてダンボールに再び詰めて部屋にならべてみると、結構な量だ。

引っ越す度に、人が一人暮らすのに、どうしてこんなに荷物が必要なんだろうと思う。


年齢を重ねていくと捨てられないものは増えていく。私の場合は昔描いた絵とか、ノート類とか、本、服。実際回転して使ってる荷物より、捨てるに捨てられない荷物が半分以上だ。そういうもの全部を思い切って捨ててしまおうとかと考えたが、けれど、いつも使ってはいないけど時々取り出して眺めたり触れたりするものが、意外と自分のインスピレーションの源になっていることにも気がついた。


カバン一つで旅暮らしのように生きるのもカッコいいが、生きている限りは大きくて余分な荷物を引き受けて生きるのも、人生なのだなーと、今はそういう心境だ。


要するに荷物は快適に生きるために必要で、自分の心がそれに囚われすぎなければ、自分を豊かにしてくれるありがたきツールなのだ。荷物の軽さと心の軽さは多少は比例するかもしれないが、物が沢山あっても心を軽くすることは可能だ。


しかし、今住んでいるシェハウスの人々は本当に荷物が少ない。特に、家の主宰者の物に対する美意識は徹底していて、余分な物は一切置かれていない。「あら、便利ね」って具合に増えていく収納系のカゴ類なんかもなくて、必要な物たちがその場にストンと佇んでいて、ごちゃごちゃしてくるとその分が捨てられる。この辺の精神は見習いたいな。


ここ菊名の「ごちゃまぜの家」にも随分とお世話になった。インドから帰ってきて、食材も何もなくて疲れはてている私を静かに受け入れてくれて、とても感謝してる。濃い付き合いではなかったけど、そうやって距離があっても、別にそれほど仲良しじゃなくても、それはそれでOKという不思議な開かれた場があった。

鍵もかかっていなくて、誰もが訪問できるこの家。普通の家じゃないから、当然驚くこともあったし、苛立つ事も、いやになる事もあった。でも、終わってみるとその全部をひっくるめて、いい経験だったなあと思う。

そして、この家に住みながら、自分が何を必要としているか見えてきた。


引っ越してもまた、時々お茶を飲みに立ちよろう。何しろ356日いつでも空いているのだ、ここは!もしその時誰もいなくても、一人でコーヒーを淹れてくつろいで帰ればいい。そんな事が出来る場所はやっぱり、世界でも稀だ思う。そして、そうした場所がいつも心にあるという事が、ここで半年暮らした一番の収穫かもしれない。


ありがとうございました!


[PR]
# by umiyuri21 | 2018-10-09 12:30 | 日々の暮らし

墓参り

c0010791_23361030.jpeg


台風がうまい具合に過ぎ去ってくれたので、昨日予定通り釧路に着くことができた。

今日は母の命日だった、亡くなってから早9年、あっという間だ。

母が亡くなってからの9年は私には怒涛の月日で、墓参りに来るたび、どこかで切羽詰まった想いを抱えていたような気がする。


前回お墓参りに来たのはインドに旅立つ前だった。あの時は密かに、もうインドに行きっぱなしで済むならそうしたいと考えてた。

けれど、色々な事が起こって、結局帰国する流れになり、またすぐ旅立てるようにとシェアハウスに住み始めたものの、そこも来週引き払って普通に部屋を借りて住む事になった。


多分目の手術をしたのは、大きな転機だったと思う。病気になることで、拠点のない生活が心身にかなりの負荷をかけていた事に気がついたからだ。シェハウスに住んで、トランクルームに荷物を預けまた旅立つ。そんな生活を続けられるキャパは自分にはないらしい。何はともあれどこかに拠点は必要だ。そして病気になった時の事を考えれば、日本に住民票があったほうがいい。だから日本に家を借り、それを維持する為にも生活を安定させなくては。


今までのように後先考えずに、インド通いを続けていたら、自分は足元から崩れてしまうだろう。という当たり前すぎるとも言える結論が、ある日ごつんと降りてきた。ここ数年インドに行く事が私のパッションそのものだったので、それをひと段落させると決めるのは、なかなか辛いことではあったが。


私は家探しと職探しを同時に始めた。その先行きが見えてきたのが、くしくも今回の帰省の直前であった。だから今日は母が亡くなって初めて、彼女がホッとしそうな知らせを、持ってこられた気持ちで墓前に立った。


何故か今回は、家族や生まれ育った場所との繋がりを深く感じている。以前はそれらの嫌な面ばかりが目についていたが、今はここに生まれ、この家族と共に生きてこられた事に、「悪くない」と、じんわり思う。その心の変化こそが、インドの旅が私に教えてくれた事かもしれない。自分自身と共にあり、その中心に立つ、ということ。自分自身との絆が深まれば、幸せや不幸の原因を外側に見出す必要がなくなる。どこにいても自分は変わらないのだ、インドにいようと日本にいようと。


先日久しぶりに開いた プンジャジの本の中で、心に響く一節が目に飛び込んできた。

「あなたが誰かに恋をしたとしよう、そしてその人はロンドンにいる。あなたはロンドンに行かなければならない、何故なら愛しい人がロンドンにいるからだ。あなたはそこまで旅をしなければならない。その為にはお金も必要だ。だがもし愛する人が呼吸よりも近くにいるとすれば、何が起こるだろうか?もしどこかへ走り出したら、あなたは彼女の方へ向かっていくのではなく、彼女から走り去ることになる。もし走れば、あなたは愛する人から逃げ出すことになる。

いつであれ、何か他のものを探す時、呼吸よりもあなたに近い彼女以外のなにかを求める時、あなたは彼女から離れ去ってしまう。これが通常起こることだ。

もし、自由が欲しいなら、走り出すのをやめなければいけない。とどまる事を学びなさい。

そしてあなたが、今いるところにありなさい。」



[PR]
# by umiyuri21 | 2018-10-02 23:42 | 日々の暮らし

10月のヨガレッスン

c0010791_23315417.jpg


今月は都合により火曜第2週のレッスンはお休みです。代わりに火曜は第4週と第5週に変更いたします。そして来月からヨガレッスンの曜日は月曜夜に固定になります。火曜と土曜のレッスンは今月で最後です。みなさま来てね🎵


シンプル・ヨガ&メディテーション

土曜日 10月6日、20日 19:00-20:30

火曜日 10月23日、30日 15:00-14:30


場所:Ruhani Bellydance Arts

東京都渋谷区神宮前3-36-17 (明治神宮前駅、原宿駅から徒歩8分ほど)

www.bellydancearts.jp.

料金:ドロップイン 2,000円

予約は必要ありません。ヨガマットもご用意しております。光の降り注ぐとっても気持ちよいスタジオです。


今月はシャクティ・ヨガと題しまして、第一、第二チャクラを強化して、下半身すっきり元気になるアーサナを中心に行っていこうと思っています。先月好評だったマントラ・チャンティングも続けていきます。


第一チャクラは私たちが現実世界で生きていくための基盤です。大地にしっかり足をつけてグラウンディングする、身体の中心感覚を意識する。私たちがこの世界に身体を持って生まれ落ち、そして身体という神殿を通り抜けてもっと大きなものとつながっていく、そのエキサイティングな旅路はここから出発します。

ここはクンダリーニと呼ばれるエネルギーの源で、第一チャクラはこのエネルギーが背骨を通って頭頂に抜けていくための着火点です。ですからここを強化することで、自然に、私たちのシャクティも活性化されていきます。


第二チャクラは、感情表現やセクシュアリティ、創造性と関係が深いチャクラです。私という身体が感じる素直な感情や欲望、いわゆる「子宮の声」と呼ばれる感覚はここを通して意識されます。第一チャクラが、基本的な生存にかかわる場所にあるのに対して、ここでは人生に対する情熱やクリエイティビティと関わります。

セクシュアリティの開花により、私たちは人生に対し情熱や美しさを感じられるようになります。私たちが自分自身の体にゆったりくつろぎ、それを慈しみ祝福すること。第二チャクラを活性化することで、その感性が開いていきます。


アーサナを通じて、チャクラに働きかけることで、それぞれのポイントの感覚の違いを繊細に感じてみましょう。何より下半身に力がみなぎると、身体も暖まって元気になりますよ!


[PR]
# by umiyuri21 | 2018-09-30 23:33 | ヨガ

踊るダキニ

c0010791_20192999.jpg


ダキニ、日本語では荼枳尼天と呼ばれ、一般に白狐に乗る天女の姿で示される。そしてインドでは裸身で虚空を駆け、人肉を食べる魔女。カーリーの眷属とされ彼女に付き従って敵を殺し、その血肉を喰らう女夜叉とされる。髑髏杯と肉切り包丁を手にし、生首を飾った杖を持つ。


このおどろおどろしいダキニはチベット仏教においては、密教行者を悟りに導く重要な女神である。彼女は「スペース・ダンサー」「虚空を行くもの」と呼ばれ、修行者に悟りの智慧を伝えるメッセンジャーだ。彼女の伝える智慧を知らずして、行者は二元の世界を超えることはできない。

また、ダキニは男女両尊のパートナーとしても描かれる。つまり女性原理、シャクティそのものを体現した女神とも言える。


身体、死、そして性愛。一般的な宗教が忌避するエネルギーをダキニは露わにする。その彼女がなぜ、悟りの智慧の使いなのか?そこにタントラの教えのキーがある。私たち人間にとって最も恐ろしく、扱いにくいもの。死や性愛のエネルギーを知り、それに向き合い、突き抜けていくことで、私たちはユニティ、聖なるものとひとつになる。

何故なら、世界には本来善も悪もない。それを決めているのは私たちの思考だ。それと同様に身体の中にも本来は浄も不浄もなく、生と死もひとつの肉体の始まりと終わりにすぎない。

真の自己は生も死も身体も超えた存在だ。ダキニは恐ろしい姿でそれを伝えにくる。「メメント・モリ」死を知りなさい、この身体を、それを生み出した性のエネルギーを知りなさい。

彼女は流転し続けるこの世の生にしがみつくものに容赦なく包丁を振り落とす。その表層の体を貪ることによって、無常を悟らせ、私たちの「魂」をあらわにするかのように。


死の智慧、身体の智慧を知るものは、生の智慧を知る者だ。その恐怖と磁場に絡め取られないものだけが、その向こう側へといくことができる。

向こう側、そこが彼女の踊る「虚空」である。

広大でたったひとつの、分割されることのない透明な「スペース」。


ダキニのパワフルなエネルギーは、大きな変化や困難の時には必要なものだ。何かを終わらせて新しい場所へいく時、古い自分が死につつあるとき、彼女の恐ろしい形相はそれに立ち向かう強さをあたえてくれる。彼女は恐ろしいが同時に慈愛に満ちている、欺瞞やごまかしを見抜き、すでに古くなって必要のないものを切り落としてくれるからだ。強い一撃でそれを落とさなければ、私たちはゴミになったものをいつまでも捨てきれずにいるかもしれない。新しい場所へジャンプする勇気を持てずにいるかもしれない。


伝統的にはダキニは裸体で、ヨニをむき出しに、髑髏杯から血を飲み干すというかなりハードコアな姿で描かれる。今回はそのスピリットを下敷きに、パンクでワイルドな踊るダキニを描いてみた。

しかしそもそも真実を知りたいという情熱は、激しく荒々しくパンクなものだと私は思っている。枠を超え、心地よさを超え、常識を超え、人の思惑を超え、その先へ行く。そこに踏み込む気骨のあるものだけが、本当の智慧と愛に出会うとことができる。

性なるものと、生なるものと、聖なるもの。それらに違いはないのだと。


[PR]
# by umiyuri21 | 2018-09-04 20:19 | ヨガ


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
未分類

最新の記事

瞑想からサレンダーへ
at 2018-12-13 00:33
一番小さい百合
at 2018-12-03 09:50
2019年のユニークな手帳
at 2018-12-01 21:28
New Year スペシャル..
at 2018-11-20 19:17
静かな部屋で
at 2018-11-13 11:33
ヨガの新クラス&WSのお知らせ
at 2018-10-26 23:06
今日は引っ越し
at 2018-10-09 12:30
墓参り
at 2018-10-02 23:42
10月のヨガレッスン
at 2018-09-30 23:33
踊るダキニ
at 2018-09-04 20:19

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル