人気ブログランキング |

カテゴリ:瞑想( 10 )

あるがままの自分に瞑想する〜セルフ・コンパッションについて②

あるがままの自分に瞑想する〜セルフ・コンパッションについて②_c0010791_18523794.jpg

前回に引き続き「セルフ・コンパッション」についてのお話です。この文章はダラムサラにあるチベット仏教の瞑想センターTUSHITAのオンライン講座の内容を元に、自分の感想などを加えてまとめています。


「セルフ・コンパッション」すなわち自分自身に対する慈悲の心。それは自己中心、自己愛、自己犠牲、自分に自信を持つことなどと、どう違うのかを前回書きました。


自己中心とは自分だけに関心が注がれる、自己犠牲は自分のことを後回しにする。いずれも自分と他者の間に垣根があるわけです。慈悲とはその分断を取り去ってゆくあり方です。


では具体的には、どのようなすると良いのでしょうか?


効果が高い三つの方法が挙げられています。


その1:まず自分自身に対して思いやりある言葉を投げかける。

「自分ってサイテー」「こんなことも出来ないの?」「自分が悪いから、こんな目にあうんだ!」という自分に対するネガティブワードを吐かない。


その2:その上で、今の自分のありのままの状態に気づきを向ける。マインドフルであること。ここがいわゆるポジティブシンキングとは違うところです。

今の感情、感覚に気づいて、それをしっかり感じること。


悲しいなら悲しい、辛いなら辛いと自分にとってネガティブな感覚、感情にもオープンでいることです。どんな自分であっても包み隠さず、暖かくOKであること。


そもそも「自分がダメか、ダメじゃないか」を決めているのも自分の思考なのです。だからそうした判断を一旦取り去って、今自分に起こっていることをしっかり感じて、寄り添います。


その3:さらに、起こっている感情や感覚と自己同一化しない。

私たちは何か辛い出来事が起こった時「何故自分がこんな思いをしなければならないのだ。」と考えがちです。まるで世界で自分たった一人だけが悲しみの淵に落ちているように錯覚しがちです。


しかし、それはどんな人にも起こり得ることです。大切な人やものを失う悲しみ、病気や老いにまつわる体の痛み、孤独感などなど...それらは人間に共通なものだという、当たり前の事実に立ち返りましょう。



これってやってみると実感するのだけど、すごく瞑想的なあり方なのです。

その瞬間瞬間のありままの自分に気がつき続ける。その自分に優しく寄り添い続けることは自分に対するとても深い愛情と、辛抱強さを育んでくれます。

「あるがままの自分でOK」なんて自分を甘やかしているんじゃないかなと、全く思う必要はありません。


ほとんどの場合、私たちは自分にとって都合の悪い感情や思考がやってきた場合、素直にそのままにしておくことはできないからです。


例えば私がなにがしかの痛みを伴った怒りを感じたとします。その感情は不快なので、即座に何とかしてそれを感じないように、一刻も早く立ち去ってもらえるようにあらゆることします。何か心地良いこと、美味しいものを食べたり、買い物をしたりして気を紛らわせる。そのような怒りを誘発させた相手を責める(その裏側で当然自分も責めています。)あるいは感情を押し込めてなかったことにします。


ただ「痛み」を痛みとして素直に受け入れれば、いつかは去っていきます。けれど多くの場合、「痛み」をそのまま感じることよりも、感じることを避ける方に、より膨大なエネルギーを使っているのです。ところが感情を抑圧すればするほど、それがトリガーとなり、ちょっとしたことでその感情が再発したり、人生の中で度々そのボタンを押してくる相手が現れるのです。


さて、ここでニュートラルな視点に立ち返ってみましょう。


人間として生を受けた以上、悲しみや傷は当然のように存在し、世界には痛みが満ちています。なぜ痛みが自分に起こるのを間違いだと思うのでしょう?

自分だけはそれを感じないで済まそうと、望むことの方がナンセンスではありませんか?


もしも、自分の友達が同じように痛みを感じている自分を責めたり恥じたりしていたら、きっとこう慰めるはずです。「私にも似たような辛いことがあったよ。」「誰だってそんなことはあるよ。」


自分自身の良き友でいる、ということは、そういう細やかな心の動きに、ひとつひとつ気づけるようになることです。例えそれが心地良くないものであっても、静かにそれと寄り添うことは、多分とても深い心の成熟とキャパシティを必要とします。


そして、ここが大切な点ですが、感じることとそれを行動に移すことは別物です。

怒りをあるがままに感じることは、怒りを表現してもいいということではありません。むしろ、しっかり感じることによって、今まで無意識的にやっていた「感じる」→「行動する」のループを止める選択肢が与えられるのです。


今まで、イライラするとつい周りに無意識的に八つ当たりしていた。そのループを一度止めることができたら?一人の人間を傷つける機会を一回減らすことになります。それがどれだけの連鎖をもたらすか、想像してみましょう。


そのとき「自分に対する慈悲」が「他者への慈悲」に繋がっていくのではないかと思うのです。


「あるがままの自分にOK」でいるのは、本当はとてもとても深い瞑想です。

人生で起こるあらゆることは、心を磨くチャンスになり、消しゴムで消し去るべきことなど、何一つないと気がつくのかもしれません。





by umiyuri21 | 2020-07-01 18:55 | 瞑想

オンラインクラス 7月のスケジュール


オンラインクラス 7月のスケジュール_c0010791_14052914.jpg


Tara Meditation & Yoga Online Circle

ターラ 瞑想とヨガのオンライン・サークル 7月の開催日です。


明日から7月、あっという間ですね!オンラインでの瞑想とヨガの集いをはじめて、3ヶ月になりました。3ヶ月続けると、参加してくださっている方々にも確実に変化が現れて、とても嬉しいです。


瞑想、少しづつでも続けると変わってきますよ。瞑想は自分の心を発見するプロセスです。外で起こる出来事を変えることは難しいですが、自分の心は自分で変えることができます。そして心が変われば、外側で起こることを見る目が変わります。それが結果的に外側を変えていくことにつながります。


身体の柔軟性も年齢も関係ありません。ちょっとしたコツを掴めば、誰でも瞑想を習慣化することができます。


レギュラークラス

火曜日 20:00〜21:15 瞑想

土曜日 9:45〜11:00 ヨガ、 11:30〜12:45 瞑想


臨時クラス

7月1日(水)15:00〜16:15 瞑想

※ 3人以上参加者が集まれば、時間を合わせてクラスを開催します。どうぞお問い合わせください。



★代金★

1回1,000円 

1ヶ月受け放題 4,800円


個人サポート 1回4,000円(75分程度)

瞑想やヨガの個人セッション、それらに関するトークセッション、希望者にはインド占星術のチャートを参照しながら、ご自分の人生のテーマや心の特性を読み取っていきます。


1ヶ月受け放題&個人サポート 7,800円


参加希望者はTwitterやFBのDM、コンタクト欄、またはumiyuriko★gmail.com 星印を@に変えて連絡ください。ZoomのID及び、代金振込先をお知らせいたします。直前に参加したい!と思いついた方、後払いも可能ですのでお気軽にご連絡ください。



※万が一ご連絡後、48時間以内に返信がない場合は、迷惑メールなどに入って見落としている場合もございますので、恐れ入りますが再度ご連絡ください。



by umiyuri21 | 2020-06-30 14:10 | 瞑想

私が私の良き友となる〜セルフ・コンパッションについて

私が私の良き友となる〜セルフ・コンパッションについて_c0010791_15401311.jpg


世の中は徐々に通常モードに戻っておりますが、私は今もおうち時間主流です。ステイホーム期間にダラムサラにあるチベット仏教の瞑想センターTUSHITAのオンライン講座を受けたら、以後次々にお知らせが来て、継続して色々なオンライン講座を受け続けています。基本的にはドネーションオンリー、インドがロックダウン中だからという主な理由はありますが、心をどのように扱うかという知恵が、今とても必要とされていることを深く感じているのだろうと思います。


私にとっても家に居ながらにして色々な講座を受けられるのは、本当にありがたい限りです。いつも世界中から100人以上の受講者がいます。


そうした中、最近たまたまなのか「セルフ・コンパッション」という言葉を続けて聞くようになりました。ちょうど今も、そのTUSHITAで「セルフ・コンパッション」をテーマにしたオンライン講座が開催されています。


「セルフ・コンパッション」翻訳すれば自分自身に対する慈悲の心、という意味です。慈悲という概念は意外と掴みにくいものだと思います。愛とはどう違うのかといえば、特定の対象や条件のない愛が慈悲と言えるかと思います。愛の純化された形、私たちが本来持っているハートそのものの働きと言えるのかもしれません。

つまりは「生きとし生けるもの全てに対する愛情、思いやりの心。」生きとし生けるもの全てに向けられるのだから、もちろん自分自身への慈悲も含まれるわけで、だからそこから始めましょうということです。


正直言って、最初は自己愛とか自尊心とかそういうものだろうと、軽く流していたのだけど、何度か話を聞く機会を重ねるうちに、実はこれはなかなか深いのではと、思うようになりました。以下は今まで聞いたお話を総合しながらまとめています。



自分に対する慈悲の心、それは自己愛、あるいは自己中心的態度とはどう違うのか?自己中心とはまさに自分のことしか考えないことです。自分の欲求を逐一叶えてあげることは自分に対する慈悲とは違います。自己中心的な態度は、自分の欲求が満たされればいいだけで、他人のことまでは意識が回りません。


逆に自己犠牲とは自分への思いやりを一番後回しにすることです。スピリチュアルな人ほど「エゴをなくす」という固定観念が先立って、自己を否定する態度を取りがちです。もし自分を犠牲にして他者ばかりを優先するなら、それもまた自分に対しての慈悲の心を欠いていることになります。その時は往々にして「自分を犠牲にしてやっている」という押し付けがましさにつながりやすいかもしれません。


そしてさらに、自尊心や自分に対する自信とも微妙に違うものです。自分に対する自信は、他者との比較で成り立っている場合が多いからです。「〇〇ができる自分はすごい!」は出来ない自分や他者との比較が根底にあります。もし、それができなくなったら、簡単に「ダメな自分」に逆戻りです。そうならないために常に自分を上げ続けることになります。現代社会ではそれが奨励されてはいるけれど、休みなく自分を追い立てるあり方は慈悲深いとは言えません。


セルフ・コンパッションはそういうものとは全く逆のベクトルにあります。セルフコンパッションの定義というのがあり、「自分が傷ついた時、自分にとって一番大切な人をケアするように、自分をケアすること。」だそう。個人的にはセルフ・コンパッションとは「自分を一番大切な友として扱う」というのがしっくりきます。


自分を一番大切な友として扱う、これがなぜか私たちにはなかなかできないのです。


もしも自分がとても落ち込んでいるときに、友達にどう接してもらったら嬉しいと思いますか?少なくとも「なぜ出来ないの?」とか「落ち込んでるあなたってサイテーね。」とか「もっともっと頑張らなきゃ」て言って欲しくないですよね。


私にとって、最高の友とは、自分があるがままの自然体でいることを受け入れてくれる友だちかなと思います。どんな時も、例え自分がどっぷり落ちていていようと、少々落ち着きなく舞い上がっていようと、そのあるがままにOKでいてもらえる。


そうだというのに実際は、私は自分に対してとてもとても口やかましくなってしまうのです。そして自分に口やかましいから、他者にも口やかましくなって、ついダメ出しをしてしまうのでしょう。


では、自分自身に対して慈悲を持つとは、具体的にどうしたら良いのか?


長くなりそうなので、次回に続きます!


オンライン瞑想&ヨガクラス開催しています。瞑想の実践とともに様々なトピックを参加者のみなさまとシェアしています。詳しくは下記をクリックしてください。









by umiyuri21 | 2020-06-27 15:41 | 瞑想

身体という自然の声


相変わらず、人と会わない生活を続けている。


とはいえちょいちょいオンラインで会話はしているので、特に不都合は感じない。逆に人混みにも出ず、直接人と合わないと、エネルギー的に影響される事が少ないせいか、小さなことに感覚が開いていく感じがある。


家で過ごす2ヶ月半の間に、部屋に植物がたくさん増えた。朝は植物の水やりから始まる。梅雨前の朝の空気は明るく澄んでいて、水をかけた葉っぱがキラキラ光る様子に癒されて、それから軽くヨガをして瞑想するのが日課。


今は窓を大きく開け放てる季節だから、座っていると、遠くから色々な音が聞こえる。

電車の音、車の音、海が近いから時々霧笛も。

隣の家の子供の声、いつもテンパってるお母さんの甲高い声、そこにウグイスの鳴く声が響く。


風が窓を叩き、皮膚の上を通り過ぎ、髪の毛を揺らして頬をくすぐる。

思考が雲のようにどこからか湧いては流れてゆく。

昔の切ない記憶が思い出されると、胸が締め付けられる感じがする。

いつまでも許せない怒りは腹のあたりでくすぶっている。それから朝は何を食べようかなと考えたり、今日しなければならないことを考え始めた事に気がついたら、それを手放してやる。



それらは私の周りにしばらく漂って、去っていく。

でもしつこく居座る感覚や思考もある。

時に私をイライラさせるが、それもいつかは必ず去っていくだろう。




インドを旅しているときに、ティルバンナーマライで出会った方から頂いたOSHO の「Talking to Your Body Mind 」という誘導瞑想の音源がある。


実はこの瞑想の趣旨である体の声を聴けたことはほぼく、大抵途中で寝落ちしする。

逆にその特性を利用し、寝つきの悪い夜のお供として、もう数えきれないほど繰り返している。( その中で最後まで途切れず聞けたのはほんの10回くらいかも。)


その冒頭でOSHOが語る。


あなたに近づいたもっとも親しい自然

あなたに訪れたもっとも親密な神

それは身体を通してだ


「体はあなたに近づいた最も親しい自然。」

最初に語られる言葉なので、その時点ではまだ起きていて、それこそもう呪文のように何回も聴いていて、うんうん、そうだよね、と思っていた。

いや、正直に言えば、特に心も動かされず聞き流していたと言ってもいい。

体も自然の一部なんてよく聞く言葉だから。



ところがある朝、いつものように座って、私の周りにやって来ては去ってゆくものたちに耳を傾けていたら、我に返ったのだ。


「体は私にとって、もっとも親しい自然。」


まさにその通りだった。私は自然と共に生きている。

数年にも渡って聞き流していた言葉が、突然耳に響く。

私は体という自然といつも一緒だということに。


この体の中に大地があり、海があり、空があり、星々がある。

空を風が抜けていくように、体の中を呼吸が通り過ぎてゆく。

体には体の知恵があり、生命の流れに貫かれている。


ふと、森の真ん中に座って木々の息吹を感じるように、自分の身体の感覚や振動をそのままに感じてみる。


それはチリチリと弾けるようで、生き生きと波打っていて、ただ無邪気な素直さで、この世界の只中に存在していた。

たとえ朝、どんよりするような気分であっても、死にたくなっても、体は変わらず呼吸をし、絶望している様子もなく、エネルギーに満ちていたのだった。


蕾が時を得て勝手に花開くように、私が体の声を聞こうが聞くまいが、体は体でちゃんと生きているのだ、と思った。

彼方からやってくるプラーナが心臓を動かし、その存在が命の面倒を見ているのだから。

そして開いた花が自然に枯れて落ちるように、時間が来ればこの体も土に還ってゆく。


この体もまた、思考や感情と同じく期限付きだ。


毎朝が私が目を覚まし、今日も限りある体を持って生きているということは、本当はとてもとても不思議なことだ。

そんなこと、今まで考えてもみなかった、その驚きにふいに包まれてしまったのだった。


実は瞑想中って、こういう直感的な感覚が急に降りてきて、勝手に感動してしまうことがよくある。

後になると、で、一体何にそんなに感動していたのだっけ?と思うこともけっこう多い。

実は今もここまで書いてきて、う〜んやっぱり言葉にするとイマイチかもと...(笑)


多分これって、言語化できない、思考を超えた理解なんじゃないかな。

頭で捉えようとすると、するりと逃げてしまうけど、内側の深い土にぱらりと蒔かれた種。

いつか、然るべき時に大きく芽吹いて顔を出すかもしれない。


それまでは無理に掴まずに、放っておこう。







by umiyuri21 | 2020-06-10 12:48 | 瞑想

オンライン 瞑想とヨガのクラスを再開いたします!

オンライン 瞑想とヨガのクラスを再開いたします!_c0010791_15415339.jpg

手術のためにヨガクラスをお休みししたのが、去年の8月。それからだんだん体調も回復してきて、クラスをどのような形で再開するか考えていた折のまさかのコロナ禍。

しかしそのおかげでオンラインで瞑想会を開催するという企画を友人から提案していただき、FBの友人限定で2ヶ月ほど続けてまいりました。移動時間もかからず、遠く離れていても気軽に参加できるオンラインクラスの良さに気がつき、この度オンラインにて、瞑想とヨガのクラスを再開することにいたしました!どうぞお気軽にご参加くださいませ。


【Tara Meditaion &Yoga Online Circle  ターラ 瞑想とヨガの集い】

火曜日 20:00~21:15 瞑想

土曜日 9:45~11:00 ヨガ、 11:30~12:45 瞑想


★代金★

1回1,000円 

1ヶ月受け放題 3,800円(6月は月の途中から始めるのでお試し価格とします。)

1ヶ月受け放題&個人サポート付き6,800円(60分のプライベート・セッション&メールでのやりとりなどで、個人的にサポートしたします。)

個人サポートのみ 1回 4,000円 (60分程度)

瞑想やヨガの個人セッション、またそれらに関する質問などに対応します。


参加希望者はFB、Twitter経由またはumiyuriko★gmail.com(★を@マークに変えて)までご連絡ください。ZoomのID及び、代金振り込み先をご案内いたします。


万が一ご連絡後、48時間以内に返信がない場合は、迷惑メールなどに入って見落としている場合もございますので、恐れ入りますが再度ご連絡ください。



******************************************************************************


昨日までインド、ダラムサラにある「TUSHITA」というチベット仏教の瞑想センターの主宰する、1週間のオンライン瞑想講座を受講しておりました。「The Science of Happiness Through Meditation(瞑想を通して幸福を科学する)」というテーマで、とても実践的な瞑想講座でした。


「瞑想の最終的な目的は、単にいい気分になったりすることじゃなくて、心のシステムを変容させる事。」と先生は念を押しつつも、チベット仏教の教えをベースとしながら、比較的即効性のあるヴィジュアライゼーションや誘導を使った洞察瞑想などを学びました。


最近はマインドフルネスブームもあって、いわゆる「悟り」を目指す瞑想ではなくて、メンタルマネジメントとしての瞑想、この現実世界で幸福感を持って、ストレスを減らして前向きに生きていくことを焦点に、様々な瞑想法が紹介されています。特に欧米では、瞑想が脳にどのような変化をもたらすか、健康や人間関係にどんな効果を与えるかという、科学的な研究や検証が盛んに行われているようです。

受講しているのも、ほぼ非仏教圏の人たちでした。ヨーロッパや南米、北米、インドと様々な国の人々が参加していて、ディスカッションタイムが楽しかったです。


瞑想のいいところは、すぐ始められる、お金がかからない、一人でできる、身体能力や年齢も関係ないってところかな。でも続けていくと確実に変化していきます。

ただ、独学でやっているとモチベーションを継続させるのも大変ですし、何と言っても心を見る作業ですから、色々なことが起こったりもします。そういう時に、経験をシェアしたり、質問したりする場所があれば道を歩くのも楽になります。そしてグループでの瞑想は、たとえオンラインでも、エネルギーが呼応して集中しやすいと思います。


この「ターラ 瞑想&ヨガ・サークル」がそのような場所になればいいなと願っています。落ち着いたらオフラインクラスも開催いたします!


ターラ仏は慈悲を司る菩薩としてチベット圏ではとても人気がありますが、同時にエンライトした女性性のシンボルでもあります。グリーンターラは片足は瞑想の姿勢をとり、もう片方の足は前に出し、助けを必要としている人がいたら、即座に行動する準備ができています。空と現象世界の両方に足をかける姿は、愛と智慧が統合された状態を体現しています。

新しい時の流れの中で、内なる智慧を共に育んでいけますように。



by umiyuri21 | 2020-06-06 19:04 | 瞑想

心を見つめる、稀有な時間

心を見つめる、稀有な時間_c0010791_18051618.jpg


前回の記事から数週間、目に見えない極小の生物は瞬く間に世界に広がり、大変な事態となっております。皆様ご無事でしょうか?


とうとう都内でも週末は外出制限のお達しがなされて、じわりと緊迫した空気が濃くなってきました。私も可能な限り不要な外出はしないように過ごしています。


人に会ったり、人混みに出かけるたびに身構える日々、一番安全なのは一人で家に篭ること。こんな事態は、少なくとも自分が生きているうちは、後にも先にも今しかないに違いありません。世界中が一斉に立ち止まって、否が応でも内を向くしかない時間。きっと何か理由があるのでしょう。


私の場合ちょうどインドから帰国して2年経つのだけど、日本に戻ってからはずっと半分引きこもりみたいに暮らしていました。何故か引きこもらざるを得ない出来事が次々と起こるのです。今回も胸の手術が終わって数ヶ月、体調も安定してきたから、そろそろヨガ教室も再開して、と色々計画してたら、またも予想だにしないことが起こってしまいました。


引きこもりライフは慣れたもので、じっくり瞑想したり、最近勉強始めたインド占星術やタロット、絵を描いたり、読書とやることは沢山あって、暇を持て余すということはないのだけど、このスタック期間が長すぎて、いい加減にしてくれと毒づきたくもります。


でも、先日ふと思い立ったのは、これはもう完全に根本的に生き方を変えろというメッセージかもしれないなって。今回の出来事があって、多分多くの人が自分の今までの人生を振り返ったりしていると思います。


私もいかにこの生活が脆弱な経済基盤の上に成り立っていたかを思い知りました。もちろん自分がそういうことに無自覚でいたという「自己責任」もあるのだけど、それだけではなく、そもそものこの社会構造にも起因している部分もあるわけで。でも結局この社会構造は、人間一人一人の心のあり方から成り立っているんですよね。社会という大きな建物を作ってるのは、人間という小さなブロックなのです。


今までは何かをやろうとしても、そうした既存の構造(社会構造だけでなく自分の精神的な構造も含めて)の上に建物を建てようとしてた。それを今一度ザクッと底から掘り起こす必要があるのではないのかなと。

占星術的にもそういう時期が来ているのは感じてはいたけど、こんな形だったとは。


そうした流れの中で、マイロハスというWEBマガジンで、「心のコリをほぐす、マインド筋トレ」という連載を始めることになりました。体と同じように心も整えられる、というコンセプトなので、主にマインドフルネス系のお話が多くなると思います。瞑想→精神世界というイメージを払拭し、しなやかで自由な心の作り方を、様々な角度から取材し、紹介していきたいと思います。


こんなバタバタのタイミングでのスタートですが、今こそこういう知恵がものすごく必要になっていると実感しています。今後は具体的な瞑想方法なども紹介していきますので、皆様の日々の内観、心のストレッチに役立てていただけたら嬉しいです。


今だからこそ自分の制限をがっつり取り外して、新しい生き方を模索できるチャンスだと思います。

自分の制限を取り外す、というのは言葉で言うのは簡単ですが、一番大きな制限は「自分」という境界線だと思っています。自分が自分だと思っているこの境界をしっかり見つめていくと、自分が勝手に作った観念でしかないと分かります。


これを取り除くとき、自分を超えた大きなものの眼差しで、世界を見ることが可能になる。そうすれば「自分」という成層圏を突破したところにあるものが、この体に流れ込んできます。


時代は今、そのくらい大きなシフトチェンジを求めてるんじゃないかな。








by umiyuri21 | 2020-03-26 18:00 | 瞑想

心という小さな家、世界という大きな家

心という小さな家、世界という大きな家_c0010791_21080075.jpg


何だか世の中は、とても大変な空気になっています。

インドではとうとう日本人(中国、イラン、イタリア、韓国も)に対してビザの発給を一時停止しました。この騒ぎが収まるまではインドに行くことはかないません。

ウィルスの恐怖は人を分断します。見えないから疑心暗鬼になってしまう。親しい人すら疑わないといけないのだから、不安と恐怖で人と人がますます分離していきます。


しかし今、心が不安や緊張にいっぱいになったことろで、私たちが現実に対処できるのは、マスクを着用したり、手洗いやうがいを徹底すること、人が密集する場所に行く頻度を減らすということぐらいしかできません。活動的になりようもないのだから、自分の内側を見つめて行くにはぴったりの時期ですし、そういうことを促されているようにも感じます。


以前バリー・カーズィンさんというアメリカ人医師でチベット仏教の僧侶の方のレクチャーに参加した時、バリーさんが「家に帰る」というテーマで、印象的なことを語っていました。私たちの最も小さな家は「心」であり、最も大きな家は「世界」だということ。私たちが世界という大きな家をケアすることと、心という小さな家をケアすることは繋がっているというお話でした。

よかったら以前書いたこちらの記事を読んでみてください。

この時は環境問題をテーマにしたお話だったので、日々の生活の中で環境に気を配る、マインドフルネスな行動が地球を守ることに繋がっていくという内容でした。


ある日、この話をふと思い出し、今自分が、大きな家である世界のためにできることは、心という小さな家を整えることだと感じました。私は今、現実的には世界のために大したことはできません。そもそも外出するなという状況なのですから。だったら、無駄な心配はやめて、心静かに祈ろうと思いました。

人の心は共鳴しますから、パニックはパニックを呼びます。パニックは人を不安に陥れ、人を疑い、憎しみと怒りに導きます。不安はウィルスと同じで目に見えず、心の中で勝手に増幅します。

逆に心が静かでいる人が一人いれば、それが伝わって隣の人も平静でいられるかもしれません。そうすれば起こったかもしれない争いや憎しみが、ひとつ減るかもしれません。でも、それはウィルスを気にしないとか、何もしない、というのとは違うと思うのです。

「あなたの職務は行為そのものにある。決してその結果にはない。行為の結果を動機としてはならない。また無為に執着してはならぬ。」

このバガヴァット・ギーターの精神は今、結構大切ではないかなと思うのです。今自分ができる最善を行い、あとは心静かでいる。そして可能な楽しみは自粛しないで、淡々と生活するだけ。


もうひと押し何かしたいなと思ったら、マントラを唱えたり、慈悲の瞑想や世界平和の祈りとか、自己流の祈りでもなんでも良いのかもしれませんが、自分の内から外へ、ポジティブなエネルギーを流してみるのも、心が整います。マントラは厄災を防ぐ Mahamrityunjaya mantra 、心の平和を促す Lokah samastah sukhino bhavantu などが良いかも。聴くだけでも効果あります。

私も朝の瞑想の前後に祈りやマントラを日替わりで行っていますが、かなりいいですよ。エネルギーがぱりっと浄化されるのが分かります。手を消毒する気分で心も洗い流すような感じです。


今日、この世界の生きとし生けるもの全てが

幸せで平和でありますように


ありがとうございます。




by umiyuri21 | 2020-03-04 21:00 | 瞑想

サイレンス

サイレンス_c0010791_13450333.jpeg

朝、目覚めてすぐ、いつものように椅子に座って目を閉じる。

とても静かな流れがやって来て

ただ静かなまま、座っていた。


「私」は動かず

凪のような穏やかさの中に吸い込まれていく。

その水の中に浸され、

目覚めながら眠っているような

静けさと安らぎが、柔らかく広がっていく。


なのに動き始めて、想念が活動すると

不意に「大丈夫じゃない」という感覚が起こって

足元をすくう。

想念は自分のあれこれに文句を言いはじめる、

やれやれ・・・我に返って 目を閉じて深呼吸

ほら、静けさの中に戻っておいでよ。

想念の渦に流されてないで、光の方へと戻って来なさい。


その光の中には、理由のない静けさと平和があるように

想念の中にはいつも、理由なく自分や世界を責め立てる声がある。

声はもっともらしく囁くが、冷静に識別すれば

それが嘘だとすぐ分かる。

想念の声は、大抵的を外しているんだよ。


私はピカピカの豪邸に住んでも、不幸でいる事ができるし

考えうる限りの最低な状況でも、幸福で穏やかでいる事もできる。

不幸も幸福も、本当は理由がない。

ただ、私が幸福であるか、不幸であるかの違いだけ。


静けさは、いつもすぐそばにある。

外の世界がどんなに騒がしかろうが、

内なる静けさまでもを

奪い取る事は決してできない。


by umiyuri21 | 2019-04-18 13:45 | 瞑想

父なる恩寵

父なる恩寵_c0010791_21574458.jpeg


春分の日の前後1週間ほどの間に、

自分の基盤を揺るがす、厳しいパンチを連続的に受けて、

動揺した日々を過ごしていた。

ショックやら、ふがいないやら、健康上の問題も含まれていたので、

これからの自分の命に想いを馳せてみたりとか…

非常にカオスな1週間だった。


一応もう表面的には落ち着いたけど、

根本的な解決はまだまだこれから


恩寵には父なる恩寵と母なる恩寵、2種類あると言われている。

母なる恩寵は、私たちを優しく包み込んで、愛と癒しを与えてくれるけど

父なる恩寵は、我が子を崖に突き落とすような厳しさで、痛いとところをばっさり容赦なく切り落とす。


きっちり向き合ってなかったこと

甘えて誤魔化してきたこと向き合わされて

お前は本当はどうしたいんだ?と突きつけてくる。


生きていく上で起こる、様々な問題を解決するために

それなりに努力して色んなことをやってきた。

そのいくつかは、上手く行っていたように見えていたけど

根本的には何も変わってなかった。


ほとんどは、表面上の事にしか過ぎず

物事を体裁よく見せていただけで

存在としての私が変容した訳ではなかったのだ

父なる恩寵のパンチは

その事に気づかされるような、出来事だった。


それはちょうどサナギが蝶に孵化するのではなく、

サナギが蝶のお面をかぶっていただけだったと

気づく事だった。

蝶のお面が崩れ落ちたら、その下にサナギのままの

自分が残っていた。


このサナギを本当に、本物の

蝶に変容させるには

何をしたら良いのだろう?


それは、表面上のあれこれを変えるのではなくて

私の根源にある、真なる自己に触れ

それを変容させること

その事にもっと本気になりなさい、と言われた気がした。


壊れたお面を拾い上げて

つぎはぎして、色を塗り直して

再び被り直すことだってできる

もっとゴージャスなお面を見つけに行くこともできる。

でもそれは、私の魂が喜ばない

では、一体どうしたらいいのだ?



何日か迷い、うんざりしたとき

ふと浮かんだ



何もしない


何もしない?



そのままで立つ

ここに踏みとどまり、どこにも逃げず。



ただ、ここにいる

何もしないで 静かに。



私が自分の存在に触れるには、それしかなく、

サナギを孵化させるにもそれしかない



何もしない?

そう、何もしない


急に心が静まり、

多分、これが正しい答えだろうと思った。




父なる恩寵は痛い

それに感謝できるのは

もっと先の事だろう。












by umiyuri21 | 2019-03-28 22:00 | 瞑想

色を生きる

色を生きる_c0010791_13203999.jpg


天王星が牡牛座に入ったせいか、春が来たせいか

ここのところ体感の変化が著しい

まるで眠っていた子供が起き出したように

身体がふつふつと五感の快を求めているのをダイレクトに感じてる


美しい音楽にシビれたり

良い香りのものが欲しかったり

綺麗な色のものに反応したり

そんなささやかなことが

乾いた土に水が流れ込むように、染みる


秋から冬にかけて、ひたすら内側の世界に沈降していた

それは風景で言うなら

チベット高原の標高5千メートルの道を

一人車で走り続けるみたいな感じ


何にもなく、空は真っ青で広大で、静か

誰にも会わず

ずっと同じ風景


あるいは土の中で身体を丸めて冬眠してるような


そしてふっと目覚めて

ああ、長い夢を見てたみたいだと思う

この数ヶ月どころじゃなく

インドに行き続けてきた数年が丸ごと

夢のように感じる


そのくらい体感の変化がある

あれ、私今まで何をどうしてたんだろう

どこにいたんだろう


世界が目の前に広がってた

私には身体があったのだ

今はその身体を通して、生きているここを感じてみたい


長い冬眠で身体はお腹を空かせ

温もりや、心地よさに飢えている


色即是空

空即是色


このブログの自己紹介にも書いてるけど

空を知りながら 色を生き

色を生きながら 空と共にある


自分の魂は、それを知りたくて

ここにいるんじゃないかなって


空だけでもなく

色だけでもない


この二つは

二つではない

でも

一つでもない


そういう世界に

私たちは生きている



おはよう

新しい 世界



*************************************************


この一年ちょっとの間にnoteに連載していた。

インド瞑想を巡る旅。ようやく最終回にたどり着きました。




最初から読みたい方はこちらを!




まあ、旅を終えたからとって、その後は順風満帆
などとは当然いかず

旅のツケを払い続け、色んな奮闘が現在も進行形・・・

そのうち日本での続編も書いてみたいと思っています。


by umiyuri21 | 2019-03-13 13:20 | 瞑想


日々の暮らし、好きなこと、瞑想やヨガなどについて綴っております。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
探求
占星術
未分類

最新の記事

あるがままの自分に瞑想する〜..
at 2020-07-01 18:55
オンラインクラス 7月のスケ..
at 2020-06-30 14:10
私が私の良き友となる〜セルフ..
at 2020-06-27 15:41
身体という自然の声
at 2020-06-10 12:48
オンライン 瞑想とヨガのクラ..
at 2020-06-06 19:04
心を見つめる、稀有な時間
at 2020-03-26 18:00
心という小さな家、世界という..
at 2020-03-04 21:00
私という深き問いかけ〜ニサル..
at 2020-02-23 22:22
自由意志はあるのか?
at 2020-01-15 21:12
2020年 明けましておめで..
at 2020-01-01 21:00

以前の記事

2020年 07月
2020年 06月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル