人気ブログランキング |

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

カレンダーde旅アジア 今度はマレーシア

 c0010791_22395535.gifまたまたテレビ出演たします〜
8月5日  NHK BS1「アジアクロスロード」のなかの17:00台のコーナー
「カレンダーde旅アジア」マレーシア編に出演します。
今回はマレーシア政府観光局で働くヌルル・アシキンさんを尋ねました。3度目で初めて女性がお相手。ヌルルさんマレーシアのアイドルみたいで超カワイイ!エキゾビューティー♪すっかり見とれてしまいました。最後はマレー服も着て(ちゃんとスカーフも着用)一緒に記念写真。多少慣れたせいか、今回は撮影もスムーズに進み、楽しかった。
 さて、今回はどんなカレンダーにしようか、ジャングル・グリーンな感じかしら?
 
 マレーシアって地味な印象だけど、とっても好きな国です。多民族国家で色んな国の文化が混じってるのも楽しいし、何より料理もうまい!大きなフードコートにマレー系、中国系、インド系、西洋人、そして日本人達が一緒くたに、色んな国の料理を楽しんでいるのを見てると、ああ、食べるためだけに、ここにしばらく住みたい・・とか思ったりして。スマトラ島のジャングルエリアもまた行ってみたいし。マレー系の女性の服装もかわいいし。今回着せていただき、すっかり欲しくなってしまいました。
 
 8月5日NHKBS1の17時台です〜、その日におうちにいる方は是非見てね!!!!
 
 イラストは前回のインド編のカレンダーです。
by umiyuri21 | 2009-07-31 22:40 | 仕事

宮古島の神歌と古謡

 梅雨が明けて暑いですねえ〜
 こんなじっとり暑い気候には、じっとり暑い国の音楽が良く合います。
 冷房を止めて扇風機の音と共に聴く、インド音楽やガムランもなかなか良いけど、日本からこんな素敵な音が届きました。

BLUE ASIA/SKETCHES OF MYAHK
 
c0010791_073789.jpg2年ほど前から宮古島でのフィールド・ワークを続けていらした久保田麻琴さんの結晶。古くから島に伝わる魔術的な古謡を、久保田さんならではの音の錬金術的なミックスで、独特の音世界を作ってます。この歌の響き、日本でいながら本当に古い古い香りがします。縄文とか神話とか、古い日本に興味のある方は必聴です。それに、時々挿入される93歳のおばあの語りが、めっちゃチャーミング。なんなんだろう、このかわいらしさ。
 SKETCHES OF MYAHK のリリースに合わせて、宮古島とその周辺の島々の古謡集4タイトルも同時発売。どれも、ジャケットが美しい〜。エキゾ心をくすぐります。


 で、この週末この作品に収められている、神歌や古謡をたっぷり3時間ライブで楽しめます!!日曜日はまだチケットある模様。興味のある方は是非!
う〜ん、楽しみだ!
 
 東京の夏音楽祭2009〜日本の声・日本の音
 <日本文化の古層>宮古島の神歌と古謡
■ 日時 :
7月18日(土), 7月19日(日) 15:00 14:30開場
7月18日(土)のみ売り切れ。 当日券若干枚数販売予定
公演所要時間は約3時間〜3時間30分(途中出入り自由)
■ 会場 :
草月ホール (→地図)
■ チケット :
全席自由 一般:¥5,500
学生(アリオンチケットセンターのみ取扱):¥3,500
※本公演は会場にて公演収録のための映像撮影を予定しておりますのでご了承くださ
い。

詳しくはコチラ
by umiyuri21 | 2009-07-16 00:09 | 音楽

キレイを魅せるベリーダンス

c0010791_23234119.jpgリットー・ミュージックより2008年に出版された、青木香葉先生の「キレイが目覚めるベリーダンス」の第2弾「キレイを魅せるベリーダンス」が出ました。
わたくし前作に引き続き、イラストとマンガを担当しております。


c0010791_23241712.jpg「キレイが目覚める〜」の方は初心者向けの内容でしたが、こちらはベリーダンスの基本をマスターした中級者向けの内容です。イラストもちょっと大人っぽく、色っぽくしたつもり。一冊読めば、ショーでも踊れる振付がマスターできるという内容です。
 ということで、中のマンガも、登場人物がショーで踊るまでのあれこれを、紹介する内容になってます。けっこう自分の経験も交えたりして、なかなか力作なんじゃないかと思ってますので、良かったら読んでみて下さいね〜♪

 
 特典として先着購入順に、この本で使用されている音源のMP3データーがもらえるそうです。
詳しくはこちらもしくはアマゾンでも音源ゲットできます♪
by umiyuri21 | 2009-07-15 23:26 | 仕事

戦場でワルツを

 
 7月7日の七夕に「戦場でワルツを」というイスラエル映画を見に行った。
今年のアカデミー賞の外国語部門にノミネートされていた作品だ。これはアニメーションで描かれたドキュメンタリーという一風変わった手法で、1982年のレバノン侵攻の際に19歳で従軍した、監督自身の経験を元に作られている。
 主人公=監督は当時の記憶をほとんど失っており、その失われた記憶を取り戻すべく、かつての戦友達を尋ね歩き、当時の様子を聞きながら、少しづつ記憶をよみがえらせてゆく。ぼんやりと脳裏によみがえってくる、戦争の記憶がアニメーションで実に効果的に描かれている。低予算なのか、アニメーションの動きはやや荒いけど、日本のアニメションとは全く違った美意識がとても新鮮だった。
 ひりつくような暴力の感触と、突然戦地に放り込まれた少年兵達が出会う、戦地の様子がまるで地獄の辺土をさまよい歩く悪夢のように、印象的に胸に迫ってくる。どこかふわふわ空を漂っているような映像と音楽が、かえって戦争の狂気を上手くあぶり出しているように感じて、何度も鳥肌がたった。
 この作品は10月日本公開とのこと、決して明るい映画ではないけど、気になる方は是非。
 
 
c0010791_0564917.jpgちょうど、数年前に、これと全く逆の立場、ベイルートの若者が当時の戦争に遭遇する物語を描いた「West Beirut (西ベイルート)」という映画を見たことを思い出した。
 それまで、レバノンといってもエジプトやシリアと同じような、自分とはかけ離れた、乾いた遠くの国とぼんやり思っていただけだったのに、そこに描かれた主人公は私とほぼ同世代、似たような音楽を聴き、感覚も自分と変わらない。そういう生活を送っている人間が、ある日突然に、戦争の日常に巻き込まれてゆく。その日常の変化があまりにリアルで、深く衝撃を受け、レバノンと自分との距離が一気に縮まり、いつか一度行ってみたい!と思うようになった。(そして、実際翌年には足を運んだのだった。)
 この「戦場でワルツ」の中の主人公も、飛行機で数十分戦地を離れれば、何も変わらない先進国の日常が待っている。その不条理感をPILの音楽が上手く表現していた。
 
 土地には何故か強度というものがある。ほとんど人の住まない、誰も顧みない不毛の土地、何千年も人々が奪い合うようにして、神殿を築き、都を建て、血を流し続けてきた土地。そこに住む人々が背負ってきた記憶の重さを考えると、想像を絶していて、目眩がしそうになる。
 それだけ磁力の強い土地で生きるって、一体どんなことなのだろうと。

 七夕の満月の静けさが、映画のイメージと重なって、しばし不思議な気分で過ごす。
by umiyuri21 | 2009-07-09 01:00 | 映画

植物も身体もメンテが必要な季節です

c0010791_19214045.jpg 繁忙期が終わって、ちょっとゆったり過ごしています。
が、ここ数ヶ月の運動不足がたたってか、色々な所にガタがきてる。
 まず、右手の甲の筋が痛くなった。
 次に、長時間歩くと膝が痛む。
 特に、右手は商売道具なので、放っておけない!というわけで、困ったときに必ず駆け込む銀座の整体師さんの所へ行くことに。
 予約していた朝、掃除してソファを持ち上げたら、今度はぐきっと腰を痛めてしまった!うわ〜情けない・・そこまで身体にガタが来てるなんて〜。
よろよろしながら治療に向かう。
 先生は腰に触れて「運動してませんね〜」と一言。
 はい、そうです。この頃すっかりヨガもしてないし、忙しくてベリーダンスも2週間ほど休んでしたし。暑いから散歩もしてません・・

 右手の痛みは、使いすぎもさることながら、長年手首をねじるように使っていたクセが一因でもあるらしい。言われるまでそんなクセがあるなんて、全く自覚してなかったけど、思い起こせば確かに・・とうなずくこと多数。
 自分の身体の事って本当に判ってないんだなあ。
 で、改めて自分の身体を意識して、ふと気がついたのは、トルコ旅行の間に歩きすぎて悪化した、足の裏の魚の目が痛くて、しっかり足を踏みしめられてないということに思い至る。これもついでに直すべく皮膚科へ直行。根が深くて、液体窒素で焼いてもらう。これがめっぽう痛い。
 
 と言うわけで数日間、手、腰、足の裏が痛くて、どうにも身体が力が全く入らない状態だったけど、今日になってやっとまともになってきた。
 
c0010791_19262358.jpgで、本日気を取り直してグリーン達にお水をあげていたら、セーロムの葉の表面にうごめく物が・・
 いつのまにか小さい虫が点々と葉についている。きゃ〜とうとう虫さん来襲!他の植物も見回すと、となりのクワズイモも同様の被害に。とりあえず、ガムテープでぺたぺた、取り除いてはみたが、これからますます虫さんの活動が盛んになりそうだなあ。
 出来ればケミカルの殺虫剤は撒きたくない(塗布するときに、マスクしたりとか、面倒だし)で、色々探したらニームを使った防虫剤を見つけた。
 ニームはインドではおなじみの殺菌作用のある植物。インド人はこれの枝で葉を磨くし、化粧品にも色々使われてる。これ、使ってみよう!と早速注文しました。
 効果の程は判りませんが効いたらまたアップしますね。
 
 
 と、ここのことろメンテ作業に忙しい毎日です。

 写真は、先日200円で買ったカレックス・フラゲリフェラ。ほぼ雑草のような植物ですが、花柄のブリキ缶に植えたらなかなか味が出ました♪
by umiyuri21 | 2009-07-08 19:27 | 日々の暮らし


旅とヨガとイラストレーション。世界と身体と脳内をめぐる旅。


by 若山ゆりこ

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ヨガ
ヨガ滞在記
仕事
オリジナル雑貨
ベリーダンス
アート
音楽
映画
旅行
BOOKS
日々の暮らし
美容
スウィート・モロッコ
瞑想
未分類

最新の記事

これからのヨガスケジュールと..
at 2019-06-13 19:36
5月のヨガレッスン
at 2019-05-02 20:03
2019新作Tシャツ ナタラ..
at 2019-05-02 19:37
ダンスと瞑想の集い開催いたし..
at 2019-04-25 12:36
サイレンス
at 2019-04-18 13:45
Tシャツイラスト制作のご案内
at 2019-04-08 18:53
父なる恩寵
at 2019-03-28 22:00
色を生きる
at 2019-03-13 13:20
3月 ヨガクラスの案内
at 2019-02-28 21:36
マントラの響き
at 2019-02-14 22:35

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

twitter

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スピリチュアル

その他のジャンル